ダイソー

【必見】クエン酸でスッキリ洗浄!ほっとくだけで氷がおいしくなる!ダイソーの自動製氷機洗浄剤「氷Clean」

氷Clean

今年も残すところあとわずか。
年末と言えば大掃除ですが、あの場所の掃除、忘れてないですか?

そう、自動製氷機です!

メーカーから年1、2回の洗浄が推奨されている自動製氷機の掃除ですが、
「掃除の仕方がわからない」「分解するのが怖い」とほったらかしにしている人も多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人。
でも、ダイソーでこの商品を見つけて数年越しの掃除を決意しました!

自動製氷機洗浄剤「氷Clean」、3回分110円(税込)です。

自動製氷機の汚れを落とす

給水タンクにこの洗浄剤と水を入れて、氷を作るだけで自動製氷機の汚れが落ちちゃうんだとか。
自動製氷機の見える部分だけでなく、
水が通っていく見えない部分までキレイにしてくれるのはかなりありがたいですね。

使い方

洗浄剤の主成分がクエン酸と食紅と、食用にも使われる成分だけというのも安心です。

とはいえ、洗浄成分入りの氷は食べられないので
「洗浄中!」を注意喚起するラベルまでついています。至れり尽くせり!

ラベル付き

それでは実際に使っていきます。

まずは下準備。しばらく氷が使えなくなるので、今できている氷はタッパーなどに移しておき、
ついでに氷を貯めておく場所の霜などを掃除しておきます。

自動製氷機に洗浄剤と水300mlを入れてよく混ぜて溶かしましょう。
結構溶けにくいです。ぬるま湯などでやった方がいいかも。

ぬるま湯で溶かす

溶けたらいつも通り、冷蔵庫にセットして洗浄剤がすべて氷になるのを待ちます。
のんびりやってもいいけど、「一気製氷」モードなどがあれば使うと速く済みますよ。

2時間弱で氷が出てきました。

ピンクの氷を捨てる

ピンクの氷!もちろん食べられないので捨てていきます。
排水溝に捨てると除菌効果があるそうなので一石二鳥です。

その後、大体3回分氷が出たところで洗浄剤がなくなりました。
一度自動製氷機を洗って水を入れ、あとはすすぎ。
1、2回氷が出ればOKとのことですが、私は夜にセットしたのでこの水がなくなるまでの氷はすべて廃棄します。

よく朝、できている氷をすべて捨てて、氷が貯まる部分についた洗浄剤を
お湯でしぼったふきんなどでふき取ったら洗浄完了です。

製氷機を拭く

前日の昼に始めて、翌朝には終わりました。
時間はかかりますが、水を入れ替えるのは1回だし、あとはほったらかしで楽ちん♪

洗浄剤が残っていないかの確認するため、
洗った自動製氷機で作った氷に水を入れて飲んでみました。

清掃後の氷

気のせいかもしれないけど、いつもよりおいしい気がする!

あと洗浄後は氷の割れなどが少し減っていて形がキレイなものが多くなりました。

氷を綺麗に保つ

ついついほったらかしになりがちな自動製氷機ですが、
掃除を疎かにしておくと、つまって使えなくなることもあるのだそうです。

氷Cleanは値段もお手頃ですし、手間もかからないので
ぜひ年末の大掃除に自動製氷機のおそうじも取り入れてみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA