中国語講座

【中国語は面白い!】中国語で「长颈鹿」って鹿のことではない?実はあの動物のことです!

さっそくですが、中国語で

 

「长颈鹿(長頸鹿)」

 

ってどんな動物のことかご存じでしょうか?

 

ヒントは首の長いあの動物!

 

鹿という名前がついていますが、鹿ではありません。

 

野生の「长颈鹿」の生息地は主にアフリカで、日本では動物園で飼われています。

 

草食動物で首が長いのが大きな特徴ですが、最近では絶滅危惧種に指定されています。

 

ここまで来ればもうお分かりでしょう!

 

「长颈鹿」ってどんな動物?

 

正解は。。。

 

「キリン」

 

です!

 

中国語では「chángjǐnglù(ツァンジンルー)」と呼ばれています。

 

直訳すれば「頸の長い鹿」ですね!

 

「长颈鹿」と「麒麟」の関係

実は日本語の「キリン」は、伝説上の動物である「麒麟(きりん)」から来ていると言われています。

 

キリンは、明(1368年~1644年)の時代に中国に初めて持ち込まれたようですが、当時の皇帝が「麒麟に似ている」ということで、「麒麟(きりん)」と呼んだとのこと。これが日本にそのまま伝わって、日本では「キリン」と呼ぶようになったのだとか。

 

ところが中国では「麒麟」はあくまで伝説上の動物で実在しないため、これと区別する形で実在するキリンを「长颈鹿」と呼ぶようになったとのこと。

 

真偽はともかく、キリンのことを「长颈鹿」と呼ぶなんて、まさに「言い得て妙」ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA