パーソナルジム

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの口コミ評判を徹底解説!値段やシステムはどう?

チョコザップ

chocozap(ちょこざっぷ)は今までにない低価格で通えるので、SNSや口コミで注目されている24時間営業のジムです。

<chocozap(ちょこざっぷ)のポイント>

  • 24時間365日使い放題
  • 常に月額2,980円(税抜)
  • セルフエステやセルフ脱毛も可能
  • 体組成計とヘルスウォッチがもらえる
  • どの店舗でも利用可能

このようにchocozap(ちょこざっぷ)は他店のジムよりも明らかに安いので、実際のサービスやシステムはどのようになっているのか気になりますよね。

本記事ではchocozap(ちょこざっぷ)を実際に利用した方の口コミを調査し、使ってみた感想や実体験についてまとめてみました。

chocozap(ちょこざっぷ)公式ページはこちら!

目次

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムを使った口コミと評判を徹底解説!実際に使ってどうだった?

chocozap(ちょこざっぷ)は初心者向けジムとして、ライザップウーマン(RIZAP WOMAN)などを展開しているRIZAP(ライザップ)が総合監修していますが、口コミでは良い口コミと悪い口コミの両方がありました。

ここではchocozap(ちょこざっぷ)の口コミや評判についてSNSなどで調査して参考になりそうなものをまとめました。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムのツイッターの口コミ評判の一覧

Twitterで多かったchocozap(ちょこざっぷ)に関する口コミはおまけでもらえる体組成計とスマートウォッチ、使い放題のセルフエステ・脱毛器、マナーが悪いことなどが挙げられていました。

ジムに入会するだけで体組成計とスマートウォッチがもらえるのはそれだけで1か月分以上の元がとれそうですし、セルフエステと脱毛のサービスもかなり嬉しいですよね。

ただし、トレーナーがいなかったり料金が安いことからマナーが悪くなってしまうことが問題として挙げられるでしょう。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムのインスタグラムの口コミ評判の一覧

 

この投稿をInstagramで見る

 

nozy(@nozy_gram)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@___rio.r)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

himagram(@tamachibichibita)がシェアした投稿

インスタグラムの口コミではchocozap(ちょこざっぷ)の使用感に関する口コミや料金システムの安さに関する口コミが多かったです。

とくにセルフエステや脱毛器の貸し出しサービスに注目している人が多く、筋トレや運動目的よりもむしろそちらの方が利用の目的になっている方もいるようです。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの知恵袋の口コミ評判の一覧

利用してますが、まあまあ良いと思ってます。

シャワー鍵付きロッカーなし、トレーナーなしです。

ロッカーはあるが、大きめな四角い物置スペースあるだけです。

Wi-Fiありますが、ちょっと遅めな速度です。

動画を見るのに再生してから5秒くらい待つような感じ。

音楽とかはあらかじめダウンロードしといた方がストレスない。

コスパは良いけど、セキュリティ面で物を紛失する可能性もゼロじゃないので、心配性な私は器具の近くに荷物をわざわざ置いてトレーニングしてます。

不満点はそのくらいです。

引用:Yahoo!知恵袋

予約はセルフエステと導入予定のセルフ脱毛のみです。

アプリに店舗ごとの空き状況(かなり空いている、空いている、混んでいる、かなり混んでいるなど・・・おそらく4段階)が出ます。

マシンごとの使用状況はありません。

「かなり空いている」か「空いている」だったらサクっと行って適当に運動して帰ってます。

自分の使いたいマシンが人に使われている場合は、基本その人が満足するまで待つ感じですが、有酸素運動のマシンには混んでいる時は15分を目安にと書かれています。

引用:Yahoo!知恵袋

カーブス的な存在かと認識してました。無人だからカーブスより安い。マシンの写真見ましたがエニタイムの古い店舗と比べてもマシンのレベルも違いすぎるので、、、筋トレ施設では無い。

引用:Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋での口コミはchocozap(ちょこざっぷ)のデメリットに関する口コミが多くありました。

chocozap(ちょこざっぷ)のデメリットとして、シャワーや鍵付きのロッカーが無いことやトレーナーがいないこと、本格的なマシンがないことが挙げられていました。

メリットとしてはセルフエステとセルフ脱毛があることや店舗ごとの空き状況がアプリで分かることなどの評価が高いようです。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの5chの口コミ評判の一覧

トイレないって知って信じられないー!ってしばらく悩んだけど

安いからとりあえず入ってみた。

併用はおすすめ

オレもふだんは近所のちょこざっぷでトレーニングして

週末は自転車で20分の距離の市民体育館のジムでフリーウェイトやってる

2つ合わせても月に5千円ほどだからありがたいよ

シャワーも鍵付きロッカーも無いのが平気な人ならかなりコスパいいな

引用:5ちゃんねる

すぐ近くにパチ屋があったり商業施設のきれいなトイレがあるから全然困らないわ。

そもそも長く居ないことが前提のジムだから不便は感じない。

店員がいないのも気を遣わなくてよい。

ヘビー層がいないから黙々とやってサクッと帰るって感じで混雑もない。

マナーも良いから店内もきれいだよ。

なんならすぐ近所のエニタイムに行ってた時より真面目に行ってるw

こっちの方が1駅歩くんだけどw

引用:5ちゃんねる

オレはちょこざっぷ利用してるけどほとんど個人ジムみたいな感じだわ

アプリで込み時間わかるからそれ外せばいいだけ

器具の置いてある場所って認識だからスタッフなんて不要

引用:5ちゃんねる

5chの口コミでは、chocozap(ちょこざっぷ)の利用方法やおすすめの活用について口コミが書かれていました。

chocozap(ちょこざっぷ)は一部の店舗にトイレがないのですが、短時間でトレーニングを済ませることが多いのでトイレがなくても気にならないという方が多いようです。

また、フリーウエイトがないので本格的な筋トレはできないのですが、それをカバーするために公営のジムを利用している方もいました。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムを使った人の口コミについてまとめ

  • 料金がとにかく安い
  • セルフエステやセルフ脱毛が目的の人も多い
  • トレーナーや店員がいないので気が楽
  • アプリで混雑状況が分かるのが便利
  • 一部店舗ではトイレがないが気にならない
  • 初心者向けのマシンなので本格的な筋トレはできない
  • 店舗によってマナーが良いことも悪いこともある
  • オープンロッカーしかないので貴重品は持ち歩く必要がある

今回調査した口コミ情報をまとめると上記のようになりました。

全体的に筋トレ初心者の方は満足している方が多く、目玉の1つであるセルフエステやセルフ脱毛の人気も高いことが分かりました。

また、無人ジムなのでトレーナーや店員がいないことはデメリットになるかと思いきや気を遣わなくていいという方もいるようです。

安価なので会員数が多く、混雑することも多いようですがアプリで混雑状況を調べて空いている時間帯に行くことも可能です。

一部店舗ではトイレがないことが指摘されることもありますが、これは短時間の滞在を目的としたジムであることが想定されているからでしょう。

ただし、トレーニングに加えてセルフエステやセルフ脱毛もしたいと考えている方にとってはトイレがないのは困るかもしれません。

悪い口コミではマナーが悪い客がいるという口コミや鍵付きのロッカーがないため貴重品の管理が必須であることなどが挙げられていました。

また、初心者向けのトレーニングマシンばかりなので、本格的に筋肉を大きくしたい方や色々な部位を鍛えたい方にはあまり向いていないという口コミもありました。

chocozap(ちょこざっぷ)公式ページはこちら!

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの口コミから分かった効果や特徴を解説!

トレーニングジムのには公営ジムやパーソナルジム、スポーツジムなどいろいろな種類がありますが、この中だとchocozap(ちょこざっぷ)は会員制のスポーツジムにあたります。

一般的なスポーツジムにはトレーナーが在籍してくれていて、付きっきりではないものの機会がある時に指導してくれたりプログラムに参加したりすることができます。

chocozap(ちょこざっぷ)はこのようなスポーツジムとはかなり違うところがあるのでここではchocozap(ちょこざっぷ)の特徴や効果、メリット、デメリットなどについて詳しく解説していきましょう。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの特徴は?

<chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの特徴>

  • 料金が安い
  • 365日24時間営業
  • 無人ジム
  • セルフエステやセルフ脱毛ができる
  • 入会特典が豪華
  • マシンの使い方やトレーニング方法が動画で見られる
  • アプリの機能が便利
  • 店舗数拡大予定

chocozap(ちょこざっぷ)の大きな特徴は、他のスポーツジムよりも料金が安いというところです。

また、年中無休で営業しているところやトレーナーが在籍しておらず、無人のジムというところも特徴的です。

そして、chocozap(ちょこざっぷ)ではトレーニングマシンの利用だけでなく、セルフエステやセルフ脱毛ができます。

セルフエステではプロ仕様の本格マシンを使用することができ、利用料金は月会費に含まれるため、とくに追加プランなどはなく利用が可能です。

さらに入会特典として心拍数・体温・血圧・歩数などが計測できるヘルスウォッチや体脂肪率・筋肉量・基礎代謝量・体水分率などが分かる体組成計をもらうことができます。

ヘルスウォッチで心拍数も図りやすいので心拍トレーニングで安全かつコツ率的なトレーニングを目指すこともできます。

体組成計は毎日自分の身体のコンディションが分かるのでモチベーションも維持しやすくなります。

chocozap(ちょこざっぷ)は初心者向けかつトレーナーがいないジムなのでマシンの使い方や効率的なトレーニング方法が分からない方もいるかもしれませんが、公開された動画でそれぞれ学ぶことが容易です。

またchocozap(ちょこざっぷ)独自のアプリがあり、アプリで入会手続きやセルフエステ・脱毛の予約、ジムの空き状況の確認ができるのが便利です。

これから店舗数拡大の予定もあるので混雑状況や通いやすさが変わることが予想されるので、将来性も高いので注目していきたいですね。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの効果はどうだった?

<chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの効果>

  • 初心者にはちょうど良い
  • 有酸素運動のマシンで痩せた
  • 無理せずマイペースに取り組めた
  • 大きな筋肉をつけるのは難しい
  • セルフエステやセルフ脱毛の効果は分かりにくい

結論からいうと、口コミ情報から分かったchocozap(ちょこざっぷ)の効果は筋トレ初心者にはちょうど良いということが分かりました。

まず、ジムの月会費が約3,000円と低価格なので、今までジムに行くのが悩んでいた方もで始めやすく継続しやすくなっています。

営業時間も長いので自分の生活スタイルに合わせて無理のない範囲で取り組むことができますし、マイペースにトレーニングができるのも初心者向けの理由の1つです。

chocozap(ちょこざっぷ)の口コミでは有酸素運動のマシンを使っている方がよくいましたが、実際に体重減少などの効果があったようです。

筋トレのマシンはシンプルで種類は多くありませんが、筋トレ初心者には鍛える部位が分かりやすくなっています。

ただし、マシンの性能はお世辞にも高いとはいえないので、大会出場を目指すくらいの筋トレがしたい方やより効率的に筋肉を大きくしたい方には効果が薄いかもしれません。

口コミではセルフエステやセルフ脱毛の効果は分かりにくいという声もあり、目に見えて体型が変わったり即効性があったりするものではありませんが、コツコツ続けることが大切でしょう。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの口コミを調査してわかった悪い点

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムのデメリット
  • シャワーと鍵付きロッカーがない
  • トレーナーがいない分筋トレの効率は落ちる
  • 中上級者にはマシンが物足りない
  • トイレがない店舗がある
  • 施設の見学はできない

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムのデメリットには上記のようなものがありました。

とくに料金が格安である分、設備面でのデメリットが目立ちます。

まず、スポーツジムには必ずと言って良いほど設置させているシャワールームや鍵付きロッカーがchocozap(ちょこざっぷ)には無く、一部店舗にはトイレもありません。

そのため、トレーニング後に汗を流したい方にはおすすめできませんし、鍵付きロッカーに貴重品を預けたいと考えている方は注意が必要でしょう。

そして前述したように筋トレマシンは初心者向けのものが多く、さまざまな筋肉の部位を鍛えたい方やより筋肉を大きくしたい方には向いていません。

フリーウエイトもないので、マシンの待ち時間中もできることが限られているのもデメリットといえます。

また、トレーナーが在籍していないのでchocozap(ちょこざっぷ)の施設見学ができなかったりトレーニングに関して質問ができないのも悪い口コミとしてありました。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの口コミを調査してわかった良い点

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムのメリット
  • コスパが良い
  • セルフエステとセルフ脱毛が行える
  • 営業時間を気にする必要がない
  • 靴の履き替えをしなくてもOK
  • 監視カメラで死角が少ない

chocozap(ちょこざっぷ)の一番のメリットは料金の安さでしょう。

従来のスポーツジムだと6,000~7,000円することが一般的だったので、他にはない安さだといえます。

また、セルフエステとセルフ脱毛目的で通っても追加料金がかからないので、月に約3,000円しかかかりません。

とくに脱毛は脱毛店の予約がとれない人もいるので嬉しいサービスですよね。

スポーツジムは年中無休で24時間営業というのは珍しくはありませんが、通いやすさにつながるメリットなのは間違いありません。

またchocozap(ちょこざっぷ)の通いやすい理由として、服装が自由であり靴を履き替える必要がないため身軽に利用できるという点もあります。

仕事終わりに行くときは靴の預かりサービスがあるかどうかは重要ですが、chocozap(ちょこざっぷ)ではそもそもトレーニングシューズが要らないので便利です。

そして、無人のスポーツジムだとセキュリティが気になるところですが、chocozap(ちょこざっぷ)ではジムの中へは会員しか入れないことに加えて監視カメラで出来る限り死角を無くしているため安全性への配慮はあります。

chocozap(ちょこざっぷ)公式ページはこちら!

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの料金をプラン別に比較しました

画像 料金 備考
使い放題プラン チョコザップ 3,278円 マシン使い放題/セルフエステ使い放題/セルフ脱毛使い放題/体組成計+ヘルスウォッチお届け/24時間年中無休

chocozap(ちょこざっぷ)の料金プランは使い放題プランの1つだけです。

この使い放題プランに加入するだけでトレーニングマシンはもちろん、セルフエステやセルフ脱毛器も使い放題になるので信じられないくらいお得です。

また、体組成計とヘルスウォッチをもらうことができるので自分の体重や体調を管理しながら無理なく取り組めるのも利点です。

また、使い放題プランは365日24時間いつでも好きな時にジムを使うことが可能なほか、無人化されているので人目を気にすることなく取り組むことができます。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムと他の人気スポーツジムを徹底比較

画像 料金 備考
エニタイムフィットネス チョコザップ 約7,000~10,000円 24時間365日営業/世界中の店舗が使い放題/初心者~上級者向け/シャワー完備/土足OK/防犯対策
ジョイフィット チョコザップ 約7,000~9,000円 自分にあった系列店を選べる/サウナ・スパ/アメニティあり/どこの店舗も使える
コナミスポーツクラブ チョコザップ 約6,050~16,060円 カテゴリによって料金が違う/プールあり/パーソナルあり/スポーツスクール/スパ・エステ

chocozap(ちょこざっぷ)のメリットやデメリットについて詳しく解説していきましたが、他のスポーツジムとはどんなところが違うのでしょうか。

ここではchocozap(ちょこざっぷ)と他のスポーツジムの料金や特徴の違いについて比較してまとめました。

エニタイムフィットネスは国内に1,000店舗展開する大手のスポーツジムです。

マシントレーニングが充実していて、しっかりと鍛えたい方でも運動初心者でも同じように楽しむことができます。

月の料金はchocozap(ちょこざっぷ)に比べると倍以上の価格がしますが、同じくスポーツジム大手のゴールドジムやティップネスに比べると安い価格だといえます。

chocozap(ちょこざっぷ)と同様に会員になればどこの店舗でも好きに利用できるのが特徴です。

chocozap(ちょこざっぷ)のマシンだと物足りないという方にはおすすめのスポーツジムです。

ジョイフィットはジョイフィット24やジョイフィットヨガなど多数の系列店のあるスポーツジムです。

無印のジョイフィットはプログラムが充実していて、トレーナーの指導を受けたい方におすすめで、ジョイフィット24はマシン特化型の24時間営業のスポーツジムで、黙々とマイペースにトレーニングしたい方におすすめです。

ジョイフィットの料金は店舗によって異なりますが、約7,000円~9,000円とchocozap(ちょこざっぷ)より高めですが、スポーツジムの平均的な価格でしょう。

登録した店舗以外の店舗も使えるのが魅力ですが、月の利用回数が他店舗の方が多くなってしまうと移籍になってしまうことには注意が必要です。

コナミスポーツクラブは、マシンだけでなくプログラムやスタジオでのトレーニングが充実しているスポーツジムで、プールやスパ、エステなどもあるのが特徴です。

料金は月4回までの利用から使い放題かによって差異がありますが、使い放題プランだとどのカテゴリでも10,000円以上します。

カテゴリというのは立地や施設の設備によってランク分けされているもので、立地が良くて施設の設備が良いほど料金が高くなっていきます。

10代~30代のみが使えるプランや60歳以上のプランなど、年代によってお得な利用ができるのも特徴です。

また他にもエクササイズコーチ(Exercise Coach)ビーコンセプト(B CONCEPT)BEYOND(ビヨンド)ジムなどといったパーソナルジムと比較しても格安であると言えるでしょう。

chocozap(ちょこざっぷ)に比べると施設が充実しているので、トレーニング以外にもスパやエステを楽しみたい方やプールの利用がしたい方にもおすすめです。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの料金はどれくらい?

チョコザップ

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの料金は税込みで3,278円です。

セルフエステもセルフ脱毛も追加料金はかからないので、月額料金の範囲内で使用可能になっているためこれ以上の料金になることはありません。

入会特典のヘルスウォッチと体組成計も無料です。

一般的なパーソナルではないスポーツジムが大体5,000円~8,000円が相場なのでそれらに比べると半分ほどの料金で利用できるのは魅力ですよね。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの営業時間は?

チョコザップ

chocozap(ちょこざっぷ)の営業時間は24時間営業となっています。

休業日はなく、1年間365日無休です。

また、1日の利用時間制限もなく、1日に何回でも何時間でもいることができます。

トレーナーは在籍していないので、基本的に無人のジムですがQRコードを機械にかざすだけで入館することができます。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムはどこの店舗を利用しても大丈夫?

チョコザップ

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムはどこの店舗を利用しても大丈夫です。

一般的なスポーツジムだと店舗によって料金が違うことがあるため登録した店舗以外の利用は移籍という形になってしまうこともありますが、chocozap(ちょこざっぷ)は料金が一律なので問題ありません。

現在の店舗数は全国展開とはいえコンビニほど多くはないですが、店舗数拡大が予定されているので今より便利になることが予想されます。

自分の家や会社など活動範囲に合わせて好きにジムの場所を選べるのは魅力的ですね。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムを使う際に気になるQ&A一覧

番号 質問
chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの入会はどうすれば良いですか?
chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムを解約する時はどうすれば良いですか?
chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムで予約はできますか?
chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムへ行くときの持ち物は何ですか?
chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムのエステと脱毛のマナーやルールはありますか?

chocozap(ちょこざっぷ)を利用するにあたって気になることは少なからずありますよね。

ここではchocozap(ちょこざっぷ)でよくある質問や疑問について解説したので参考にしてください。

1.chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの入会方法はどうすれば良いですか?

入会方法は公式サイトからアプリのバナーをタップするか、アプリの検索画面からchocozap(ちょこざっぷ)専用アプリをダウンロードすればOKです。

必要なものはスマホとメールアドレス、クレジットカードの3つとなります。

アプリをダウンロードできたらアプリをひらいてメールアドレスを入力し、新規会員登録を行います。

本人確認メールがくるので、メールに記載された認証コードをうち、会員情報の入力、開始日の選択、クレジットカードの登録を行えば入会完了です。

2.chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムを解約する時はどうすれば良いですか?

chocozap(ちょこざっぷ)の解約はアプリで行いますが、休止状態にするプラン解約と登録された情報を削除する退会の2種類の方法があります。

ちょっとジムをお休みしたいけどまた再開を考えているという方はプラン解約で、もう通うことはないと考えている方は退会の手続きをしてください。

プラン解約と退会手続きはどちらも「メニュー」の「プラン解約」から行うことができ、「プラン契約状況」のページに進んだら「プラン変更手続きを行う」を選択します。

プラン解約手続きがしたい方はこれでOKですが、退会手続きをしたい方はプランの解約をしたあと、さらに「メニュー」から「退会」を選択すればOKです。

解約の際にはアンケートが出てくるのでアンケートに応えれば解約の完了となります。

最短翌月で解約もできるので気軽に始めて見て自分に合わなかったらすぐやめるということもできるので安心ですね。

3. chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムで予約はできますか?

chocozap(ちょこざっぷ)ではトレーニングの予約は必要ありませんが、エステと脱毛をしたいときには予約が必要です。

利用時間は1枠20分で、1日に2枠利用可能です。

連続で予約も可能なので、1日最大で40分間連続使用が可能です。

予約は利用開始の5分前まで可能で、キャンセルも同様となっています。

無断キャンセルや予約無しでの利用はメールでの注意喚起となるので注意してください。

4. chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムへ行くときの持ち物は何ですか?

<chocozap(ちょこざっぷ)へ行くときのの必要な持ち物>

  • スマホ(必須)
  • 着替え(任意)
  • タオル(任意)
  • エステ用のタオル(エステをするなら必須)

chocozap(ちょこざっぷ)を利用する時に必要な持ち物は上記の通りです。

基本的には入館に必要なスマホがあればOKです。

chocozap(ちょこざっぷ)では運動時の服装が自由で、土足で問題ないので必要なものが少ないです。

ただし、エステを利用する時はエステマシンについたクリームを拭き取るためにタオルが必要なので、エステを予約した方はタオルを持っていきましょう。

5. chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムのエステと脱毛のマナーやルールはありますか?

<セルフエステと脱毛のマナー>

  • 必ず予約をして利用をする
  • 靴を脱いで入室する
  • 同じ部位への連続使用を避ける
  • 使用後はクリームを拭き取り、清潔な状態に戻す
  • アトピーや蕁麻疹、あざなどのお肌の状態が良くない方は使用できない

chocozap(ちょこざっぷ)のセルフエステと脱毛には上記のようなルール・マナーがあります。

とくに使用方法を守らなかったり皮膚トラブルがある状態で利用するとお肌の状態が悪くなることもあるので注意が必要です。

セルフエステは運動前に行うことで身体が温まり運動効果をサポートし、運動後に使うことで肌をリフレッシュすることができます。

ルールやマナーを守り、効果的にトレーニングをしていきましょう。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムの基本情報

正式名称 chocozap
会社名 RIZAP株式会社
住所 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー31F
電話番号 0120-941-604

chocozap(ちょこざっぷ)は「結果にコミットする」でお馴染みのRIZAPグループの系列スポーツジムです。

RIZAPのパーソナルは非常に高額なことで有名ですが、逆にchocozap(ちょこざっぷ)は業界最安クラスの低価格を実現しています。

筋トレや運動初心者向けのサービスで、手軽に利用し継続しやすいようにアプリでのサポートが充実しているのが特徴です。

動画でトレーニングの仕方やマシンの使い方について解説しているので、見て実践することでトレーニングの効率を高めて短時間で結果を出しやすくなります。

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムについてまとめ

chocozap(ちょこざっぷ)のコンビニジムについてまとめ
  • 料金がとても安い
  • 年中無休24時間営業なのでマイぺースに続けられる
  • アプリのサポートが充実
  • セルフエステやセルフ脱毛が人気(要予約)
  • 入会特典でヘルスウォッチと体組成計がもらえる
  • 初心者向けなので物足りないことも
  • シャワーと鍵付きロッカー、トイレ(一部店舗)がない
  • 施設見学ができない

chocozap(ちょこざっぷ)はRIZAPグループが経営する無人のコンビニジムという新しいジャンルのジムです。

スポーツジムにしては料金が圧倒的に安いのが特徴で、約3,000円で通えるジムはほとんどみられないでしょう。

他のスポーツジムと同様に年中無休で24時間営業しているので、仕事の帰りが遅い人でも利用しやすく、好きな時に行けるのが魅力です。

トレーナーがいないですが、マシンの使い方やトレーニングの仕方は動画で知ることができるので大きな問題はありません。

また、トレーニングだけでなくセルフエステやセルフ脱毛ができるのも特徴で、むしろそちらがお目当てだという方も大勢います。

利用には予約が必要だったりルールやマナーを守ったりする必要がありますが、追加料金もかからないため他にはない嬉しいサービスです。

入会時にはヘルスウォッチと体組成計がもらえ、トレーニング時の体調管理やトレーニング後の体重確認、筋肉量チェックなどにも役立ちます。

このようなメリットがある一方で、初心者向けなので中上級者にはマシンの性能が物足りないという口コミもありました。

筋トレ好きには必須のフリーウエイトもないため、筋肉を大きくしたい方や本格的なトレーニングをしたい方には向いていないかもしれません。

また、シャワーや鍵付きロッカーがなく、一部店舗ではトイレも無いので設備面での不足もあります。

トレーナーがおらず、入館には入会時にもらえるQRコードが必要なため施設見学もできない点には注意が必要です。

このようにchocozap(ちょこざっぷ)には大きなメリットがある一方でデメリットもあるので、自分に合っているかどうか考えたうえで入会するのがおすすめです。

chocozap(ちょこざっぷ)公式ページはこちら!

パーソナルジム人気おすすめランキングはこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA