英語読み方講座

【ネイティブも戸惑う!?英単語】「colonel」の読み方は「コロネル」じゃないの?ヒントは意外なところにあった…

「colonel」

簡単に読めそうなこの単語ですが、実は英語ネイティブの人も戸惑うことがある、独特な読み方をします。

 

似たような単語に「colony:植民地」があり、「colonel」の意味も同じように軍隊に関係があります。

「colonel」の読み方のヒントは?

 

「colony」は「コロニー」と読むので、同じように「コロ‥」読みたくなりますよね。

 

でも、読み方は「コロネル」ではありません!

 

ヒントは、日本の街角でもよく見かける、ケンタッキー州出身のあの人物を思い浮かべてください!

 

「colonel」の意味と読み方の正解は…

 

では、読み方の正解は…、

「カーネル」です!

 

発音記号は「kə́rnl/kə́ːnl」となります。

 

意味は「大佐」で、軍隊の要職を指します。

 

では、あの白いスーツに白い髭、笑顔が素敵なカーネルおじさんは、軍人だったのですか?

 

いえ、カーネル・サンダースさんは実業家で、この場合の「カーネル」はケンタッキー州から功績のある人物に贈られた称号です。

 

ですから、カーネル・サンダースの「カーネル」の意味は例外的な使用例です。

 

日本ではよく「カーネルおじさん」と呼ばれているので、私はながらく「カーネルくん」という男性の名前だと勘違いしていました(^^;

 

「colonel」という単語に出会ったら、思い出していただけるとうれしいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA