睡眠

【これを食べればぐっすり眠れる!】どんな食べ物を食べたら睡眠の質が上がるか解説!

睡眠時間は短いわけではないけど何故かあまり寝た気分がしないということがありませんか?

特に生活習慣的に悪い部分があるということがなければ、十分な栄養を取って睡眠の質を高めていく必要があります。

今回は睡眠の質を向上させる食べ物や調理方法について解説します。

睡眠の質を向上させる食べ物は?

どんな食べ物がいいか考える女性

睡眠の質を向上させる食べ物として以下のものが挙げられます。

乳製品、青魚

乳製品や青魚には人体では生成できないトリプトファンというアミノ酸を摂取することができます。

トリプトファンは睡眠の質を向上させるセロトニンやメラトニンを生成するために必要で、これらは精神や感情を落ち着けさせたり、覚醒と睡眠を切り替える作用があります

イライラする時にはカルシウムと言われることもありますが、実際は乳製品を摂取するとセロトニンを作りやすくなることから言われています。

肉類、魚介類

肉類や魚介類はグリシンという栄養素が多く含まれています。

グリシンはアミノ酸の一種で、末端部分の血行量を増やして深部体温を下げる働きを促します。

深部体温の低下は睡眠の質をあげると言われているので、グリシンを摂取することで睡眠の質を向上させられます。

肉類や魚介類は比較的摂取しやすいものなので、あまり意識しなくても摂取できると思われます。

海藻類

ひじきやわかめ、昆布などの海藻類にはマグネシウムが含まれています。

マグネシウムは睡眠の質を向上させるのに必須なミネラルの1つで、メラトニンやレニンというホルモンの働きに大きく関わってきます。

マグネシウムが不足してしまうと睡眠障害が起こってしまうので、なるべく意識して摂取していくことが重要です。

睡眠の質を向上させる調理方法は?

和食

睡眠の質を向上させる食材を紹介しましたが、具体的にはどんな調理方法で食べればいいのかという点について紹介します。

ここまで紹介してきた食材でおすすめする調理方法は、海藻類や豆腐を入れた味噌汁に青魚を焼いた和食です。

青魚でなくても焼き鮭などでも大丈夫です。

あるいはパンなどと一緒にバナナと牛乳を摂取するといいでしょう。

これらに共通することとしては、どちらも朝食で作られるようなメニューだということです。

朝食は1日の活力というだけでなく、その日の睡眠の質に関わってくるので、朝食はしっかりと摂取するようにしましょう。

まとめ

みんなで食事

睡眠の質を向上させる食材として、乳製品や肉類、海藻類などが挙げられますが、全体的に朝食で摂取しやすいメニューの中に睡眠の質を向上させる食材がいくつも使われています。

寝ても寝た気分にならないといった人は、朝食を毎日しっかり食べるように心がけましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA