睡眠

ぐっすり睡眠するにはアロマオイル!優しい香りが眠りを促進

「お布団に入って目をつぶっても、なかなか寝付けない」、「寝ても体がだるくて、寝た気がしない」など感じることはよくあるでしょう。 

ぐっすりと気持ちよく睡眠をとれていないのならば、アロマオイルの香りを試すと良いです。

甘く優しい香りには脳からリラックスさせる効能があるので、眠りの質を高めてくれる働きが期待できます。

良い香りは脳から疲れをほぐしてくれる

良い香りのするアロマ

嫌な臭いを嗅ぐと気分が悪くなってイライラしますが、良い香りを嗅ぐと何だかホッとする気持ちになりませんか?

嗅覚が「心地良い」と感じる香りは、脳にも良い影響を与えてくれるものです。

睡眠するタイミングに合わせてアロマオイルの香りを嗅げば、芳香がお疲れ気味の脳を癒してぐっすりと眠らせてくれます。

心地良い香りが脳に与える刺激と効果

睡眠は自律神経の働き方の状態で、良くなったり悪くなったりします。 

自律神経に指示を出しているのは脳の視床下部という部位になり、この部分が疲労していると自律神経の動きも良くありません。

アロマオイルのような「良い匂い」と感じる香りは、 視床下部にとって緊張感や疲れがほれる癒し要素です。

脳の状態がリラックスして動きが穏やかになれば、自律神経は眠りの質が良くなりやすい働き方へと傾きます。 

アロマオイル自体が持つリラックスの働き

アロマオイルにはオイル自体に神経の興奮を抑えるなどのリラックス効果があり、成分そのものに眠りを高める効能が含まれています。

オイルの成分が直接的に体に吸収されれば、 身体全体に成分がまわり全身が落ち着いて熟睡しやすくなるでしょう。

使用目的としては香りによる脳のリラックス効果が第一ですが、体の機能へのリラックス効果も安眠を促す要素として注目するべき点です。

睡眠時のおすすめ活用法は主に3通り

アロマオイルの香りを嗅いで脳の視床下部に働きかける・体にオイルの成分を吸収させて全身に働きかけることが、 良い眠りへの促進へとつながっていきます。

睡眠のためにアロマオイルを活用する場合は、以下の3通りの方法がおすすめです。

  • ハンカチやタオルにアロマオイルを垂らして枕の近くにおく
  • お湯を入れたマグカップにアロマオイルを垂らして寝室におく
  • アロマオイルを肌ケアの形で皮膚に直接塗る

アロマの使い方はいろいろとありますが、ご紹介した3通りの方法は簡単なので寝る前に向いたやり方になります。 

とりあえず全ての方法を一通りしてみて、自分がやりやすいと思う方法で続けてみてください。 

良い眠りを心身に良いアロマオイルで得よう

起床後の寝室

1日の疲れをとるために寝るのならば、良い眠りを得たいものです。

リラックスの効能で心身に良いアロマオイルの香りを使い、良質な睡眠がとれるようにしてみましょう。 

ABOUT ME
kimi31
ライターのkimi31と申します。睡眠が趣味で寝ることで得られるメリットなど紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA