漢字読み講座

【今日の難読漢字】「沙翁」「卓別麟」「巴哈」「莫差特」「林肯」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「沙翁」

「卓別麟」

「巴哈」

「莫差特」

「林肯」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「沙翁」

今回の漢字はかなり難しい、「沙翁」。

 

一見、「さおう」や「しゃおう」とも読めるこの漢字、間違ってはいませんが、ずばりの名称があるんです。

 

タイトルにも書きましたが、ヒントは夏目漱石。

 

彼の作品を全て読みつくしている方にはサービス問題かもしれませんが、そうじゃない人は頑張って考えてみてください!

 

「沙翁」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① ずばり人物名です。

ヒント➁ 「〇ェイ〇〇〇〇」の7文字です。

ヒント③ ロミオとジュリエットといえば?

 

「沙翁」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「シェイクスピア」です!

 

「シェイクスピア」といえば、世界的に有名な劇作家・詩人ですね。

 

フルネームは、「ウィリアム・シェイクスピア」で、誰もが知る「ロミオとジュリエット」などの名作を作った作家として知られています。

 

彼が活躍した時代は1600年前後のイギリス。

ルネサンス演劇を代表する人物の一人で、卓越した内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われているそうです。

 

「シェイクスピア」の代表作は「ロミオとジュリエット」の他にも、四大悲劇「ハムレット」「マクベス」「オセロ」「リア王」や「ジュリアス・シーザー」など、数多くの名作が今でも残っていて、映画にもなっていたりしますよね。

「沙翁」、偉大です!

2つ目の漢字は「卓別麟」

食卓の「卓」に「別」、そして空想上の生き物の麒麟の「麟」。

 

そんな3文字が合わさっても、まったく意味不明なので、おそらく音読みによる当て字なのでは?と予想できますが、どうでしょうか?

 

ここで書きすぎるとヒントにはなってしまいますが、発音による当て字なら「茶府麟」の方が断然いいように思いますが・・・。

 

さあ、もう分かってしまった方もヒントを見て確信に変えてみてください!

 

「卓別麟」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① ずばり人物名です。

ヒント➁ 「チャ〇〇〇〇」の6文字です。

ヒント③ サイレント映画といえばこの人!

 

「卓別麟」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「チャップリン」です!

 

「チャップリン」といえば、無音映画のコメディアンとして、誰もがテレビなどで見たことがあるでしょう。

 

フルネームは、「サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン」といい、イギリス生まれのタレントさんです。

 

タレントといっても、日本のタレントというより、まさに「才能」の塊。

映画界においては、俳優、脚本家、プロデューサーに留まらず、なんと作曲までしている「卓別麟」。

 

ちょび髭をつけてステッキを持っている姿ばかりが印象に残っている彼ですが、すごいマルチな才能をもっていたなんて驚きですね!

3つ目の漢字は「巴哈」

この2文字から成る漢字は難しい・・・。

 

1文字目は「ともえ」や「うずまき」と読める漢字で、音読みだと「は」。

2文字目は「コウ」「ソウ」などと読み、音読みだと「は」。

 

ということは、「はは」=「母」の当て字かも?、と思った方、残念ながら不正解です。

 

音楽が好きな人は分かる人もいるかもしれませんが、ヒントを見ないと正解にたどり着けないと思いますよ!

 

「巴哈」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① ずばり人物名です。

ヒント➁ 「〇ッ〇」の2文字です。

ヒント③ 音楽の教科書には必ず載っているあの人です。

 

「巴哈」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「バッハ」です!

 

彼のフルネームは「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」。

 

気軽に私たち日本人は「バッハ」「バッハ」と連呼していますが、「セバスチャン」なんて名前についているあたり、高貴なお方なんですよ!

「バッハ」といえば、18世紀のドイツで活躍した誰もが知る作曲家・音楽家の一人で、音楽の教科書にも「音楽の父」と紹介されているくらい、音楽の基礎を構築したと評されている偉大な人物なんです。

 

特にピアノの演奏に長けており、即興の演奏も得意としていたんだとか。

譜面もなしに、頭で浮かんだメロディーをその場で奏でる人がいたら、もう一目ぼれしちゃいますね!

4つ目の漢字は「莫差特」

「莫差特」の3文字で構成されるこの漢字、まったく分かりませんね・・・。

 

音読みからくる当て字にしても、「まくさとく」?のような感じになりますし、一つ一つの漢字の意味もバラバラなのでこれも違うようです。

 

最大のヒントとしては、「音楽に関係する何か」でしょうか。

 

さあ、この難問、あなたは分かりますか?

 

「莫差特」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① ずばり人物名です。

ヒント➁ 「モー〇〇〇〇」の6文字です。

ヒント③ 音楽の教科書には必ず載っているあの人です。

 

「莫差特」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「モーツァルト」です!

 

昔の偉大なる音楽人って、名前が長いために省略されていて、インパクトのある名前だけが前面に出ていますが、彼もそんな一人です。

フルネームは、「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」で、洗礼後の名前に至っては「ヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト」。

もう、この名称で音楽の教科書に出てきたら一生覚える自信がありません・・・。

 

そんな「莫差特」は、音楽のジャンルである「古典派」を得意とする作曲家・演奏家になります。

地元ウィーンでは、ピアノの演奏家としての人気もあったようですが、意外にも浪費家だったらしく、万年お金に困っていて借金もあったんだとか。

 

「莫差特」、功績とのギャップがすごすぎます!

5つ目の漢字は「林肯」

たった2文字の漢字なのに、読み方がまったく分からないものってたくさんありますね。

 

この漢字もその一つですが、「林」に肯定の「肯」。

それぞれの漢字の意味はなんとなく分かるんですが、そうすると「林を肯定する」となってしまい、余計に分からなくなってしまいましたね・・・。

 

となると、あとは音読みからくる当て字ですが、「リンコウ」?

これも何だかしっくりこないので、ヒントを見て考えるしかありませんっ!

 

「林肯」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① ずばり人物名です。

ヒント➁ 「〇〇〇ー〇」の5文字です。

ヒント③ アメリカ大統領といえばこの人です。

 

「林肯」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「リンカーン」です!

 

「リンカーン」といえば、誰もがアメリカ大統領の人と即答できる偉人の一人ですね。

 

でも、イメージが先行しすぎて「アメリカの初代大統領」、もしくは「初期の頃の大統領」って思っている方、意外にも多いはずです。

 

「人民の人民による人民のための政治」というスローガンや、奴隷解放を行った人物という偉業から、母国アメリカでも「歴代アメリカ合衆国大統領のランキング」で常に上位にいる彼ですが、正解はなんと第16代。

また一つ勉強になりました・・・。

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA