漢字読み講座

「褪せる」の読み方は?「たいせる」ではありませんよ

「褪せる」の読み方をご存じでしょうか?

「退出」の「退」の字に似ていますが、「たいせる」と読むのは間違いです。

あまり見かけない珍しい漢字ですが、読み方を知ると「なーんだ」と思うような、だれでも知っている言葉です。

さて、あなたには読むことができますか?

「褪せる」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  2. 意味は、長い時間が経ったり日に焼けたりして、色合いなどが薄くなること。
  3. 「着物の色が褪せる」のように使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「褪せる」の読み方!正解は!?

正解は「あせる」です!

ヒントで紹介したように、着物の色や模様が薄くなっていくことを「あせる」と表現します。

「あせる」という表現は、着物の色や模様以外にも、たとえば「恋があせる」「才能があせる」などと使われる場合も。

また、「褪せる」の送り仮名を「褪める」に変えると「さめる」と読みます。

「さめる」の方は、「顔が青褪める」「日焼けした肌が褪める」といった場合に、使われる表現です。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA