漢字読み講座

【難読漢字の攻略法を知っている人なら簡単♪読めなくても読める!!】「鶺鴒」という漢字、あなたは読めますか?

難読漢字を読むにあたり、いくつか攻略法があるのをご存じでしょうか?

 

すでに過去の記事でもいくつかご紹介していますが、今回はまさにセオリー通りの方法が通用するのではないかと思います。

 

ということで、今回は簡単におさらいしてみましょう!

 

まず、一つ目は「構成される漢字をとりあえず音読みしてみる」です。

これは部首を含み、とりあえず読めるパーツだけ読んでみる、といった具合ですが、これだけでも結構正解できます。

 

二つ目は、それぞれの漢字の持つ意味から考えて推測する方法です。

何て読むか分からない場合でも、その意味から動物なのか植物なのか、はたまた行動や何かの名詞なのか、ある程度は分かるようになってくるものです。

 

続いて三つ目は、「単なる充て字」として使われている場合です。

一つ目と似ていますが、意味は特になく、ただ充てただけというものも多いので、最後の手段として考えても良さそうです。

 

「鶺鴒」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇」の4文字です。

ヒント② セオリーの一つ目で対処可能です!

ヒント③ 最初の文字は「せ」です。

 

「鶺鴒」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「せきれい」です!

 

「せきれい」と言えば、鳥類の第1グループの総称です。

「鶺鴒」というだけでも、 イシクナギ、イモセドリ、ニワクナギ、ニワクナブリ・・・とまだまだたくさんあるんですが、とにかく派生する種類がすごすぎる・・・。

 

また、「鶺鴒」の特徴といえば、長い尾を上下に振る習性があり、とても可愛らしい仕種をする鳥としても親しまれています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA