漢字読み講座

【「大きい鮃(ひらめ)」なんだから、「おおひらめ」じゃないの!?】「大鮃」という漢字、あなたは読めますか?

これまた読めそうで読めない漢字が出題されましたね・・・。

 

2文字目はお寿司屋さんでもお馴染み、「鮃(ひらめ)」です。

その「鮃」が「大きい」んですから、「おおひらめ」と読みそうになりますが、残念ながら違います。

 

あるいは、釣り好きの人からすれば「大きい鮃」はその姿形から「ざぶとん」なんて呼んだりしますが、それも違います。

 

・・・ということで、これは完全に「独特の読み方」になる流れになってきましたが、分かりますでしょうか??

 

「大鮃」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇う」の4文字です。

ヒント② 「鮃」ではなく、実は「カレイ」の仲間です。

ヒント③ 最初の文字は「お」です。

 

「大鮃」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「おひょう」です!

 

「大鮃」とは、「大きな鮃」・・・ではなく、「大きなカレイ」ですwww

 

その名のとおり、体が大きいことで知られている海水魚ですが、驚くことなかれ、なんとその体長は2~3mにもなり、体重は200kgを超える「超大型のカレイ」なんです!

 

さらに、普通の「カレイ」や「鮃」と同じく「大鮃」も大変美味しく、刺身やフライ、ムニエルなどで食されています。

 

美味しい高級魚がこんなに大きいと、食べる側としてはすごい幸せな気分になりますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA