漢字読み講座

【今日の難読漢字】「徒ならぬ」「魂消る」「態々」「客員」「裏面」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「徒ならぬ」

「魂消る」

「態々」

「客員」

「裏面」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「徒ならぬ」

「徒ならぬ」の読み方をご存知でしょうか?

「とならぬ」ではありませんよ。

「従」は「生徒(せいと)」の「と」なので、「とならぬ」って読みたくなる気持ちはよく分かるのですが…

それでは正しい読み方は?

「徒ならぬ」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇ならぬ」の5文字
  2. 「普通ではない」「見過ごせない」といった意味です
  3. 「徒ならぬ事件が起きたようだ」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「徒ならぬ」の読み方!正解は!?

正解は「ただならぬ」です!

「徒」という字は、普通は「生徒」「使徒」のように「と」と読むか、「従う」のように「したが」と読むかのどちらかなので、「ただならぬ」はかなり難読だといえます

「徒」という漢字には、「空虚、普通、ただの」といった意味があるため「ならぬ」という打消しの言葉が続くことで「普通ではない」といった意味になるのですね。

「ただならぬ気配!」などと聞くと、少し時代劇がかって感じるかも?

普段の会話では聞くことが少ない言葉ですが、小説やドラマでは出てきますよ。

この機会に、ぜひ覚えておいてくださいね。

2つ目の漢字は「魂消る」

「魂消る」の読み方をごぞんじでしょうか?

当然ですが「たましいきえる」ではありません。

「魂消える」だと、送り仮名が「える」になってしまいます。

さて、この難読漢字、あなたには読むことができるでしょうか?

「魂消る」の読み方のヒントはこちら!

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇る」の4文字
  2. 意味は「とても驚く」ということです
  3. 「おっ魂消た!」なんて、ギャグっぽく言うおじさんがいるかも

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「魂消る」の読み方!正解は!?

正解は「たまげる」です!

「たまげる」は「魂が消えるかと思うほど驚く」様子を表した言葉で、元は「魂消える(たまきえる)」と言っていたのが縮まって「魂消る(たまげる)」になったと考えられています。

それにしても、魂が消えるほど驚くというのは、一体どんな状態なのでしょう。

月の代わりに太陽が昇ってきたぐらいの驚きでしょうか。

「たまげる」という言葉は今も使われますが、漢字で表記することは少ないため、「魂消る」をすらっと読むと見直されそうですね。

3つ目の漢字は「態々」

「態々」の読み方をご存知でしょうか?

まさか「くまくま」と読んではいませんよね。

「熊」は「能」の下に点が4つ付いていますが、「態」は下に「心」が付いています

「々」は同じ字が2つ重なることを表すので、「態態」とも書きます。

さて、あなたには読むことができますか?

「態々」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. そこまでしなくても良いことを行うさまをいいます
  3. 「態々来なくても電話でいいよ」などと使います

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「態々」の読み方!正解は!?

正解は「わざわざ」です!

  • 普通はそこまでしなくても良いことを行う
  • 必要のないことを行う
  • ついでではなく、そのことだけのために何かを行う

以上のような場合に使われる言葉ですね。

好意的に使う場合には「わざわざお越しいただきありがとうございます」などと使います。

余計なことをしなくても…という場合には「家にあるのに、わざわざ買ってきたの?」という風に使われることも。

語源は古語の「態態し(わざわざし)」で、「わざとらしい」「わざと」といった意味を持っていたのが、現在の「わざわざ」に変化しました。

「態と(わざと)」という言葉は、故意にするという意味で、今も残っていますね。

4つ目の漢字は「客員」

「客員」を何と読むかご存知でしょうか?

「きゃくいん」と読んでいる方が多いかも知れませんね。

「きゃくいん」と読むのは慣用読みで、間違えて読む人が多いため許容された読み方です。

それでは、正しい読み方は?

「客員」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 組織や団体で、正規の成員ではなく客分として迎えられた人のこと
  3. 「客員教授」「客員研究員」などと使われます

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「客員」の読み方!正解は!?

正解は「かくいん」です!

普段何気なく読んでいる漢字の中には、間違えて読んでいる漢字がたくさんあります。

「客員」もその1つですね。

冒頭でも述べましたが「きゃくいん」と読むのは慣用読みで、正しくは「かくいん」と読みます。

「客」を「かく」と読む熟語としては、他に「刺客(しかく)」などがあります。

これも「しきゃく」と間違えて読んでいる人がいるかも知れませんね。

間違えていた人は、この機会に「客員(かくいん)」「刺客(しかく)」と、覚えておきましょう。

5つ目の漢字は「裏面」

「裏面」の正しい読み方をご存知でしょうか?

「うらめん」と読んでいる方が多い間も知れませんね。

表(おもて)に対して裏(うら)という意味では「うらめん」と読めないこともありませんが、正しい読み方が他にあります。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「裏面」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字
  2. 「物事の外側には現れない隠れた部分」や「裏の事情」のことを言います
  3. 「彼は、政界の裏面に詳しい」などと使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「裏面」の読み方!正解は!?

正解は「りめん」です!

一般には、紙やCDなどの表側を「おもてめん」裏側を「うらめん」と呼ぶことが多いため、「うらめん」と読んではいけないという訳ではありません。

しかし、「裏面(うらめん)」の対義語は「表面(ひょうめん)」なので、厳密には「うらめん」は間違った読み方だといえます。

いずれにせよ、世の中の裏側のように、外部からは見えない内幕を表現したい場合は、「うらめん」ではなく「りめん」と読むようにしましょう。

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA