漢字読み講座

【これは「へいじょう」ですが、別の読み方があるんです!】「へいじょう」以外で何と読む?

こって「へいじょう」じゃないの?と思われた方も多いはずですが、もちろん奈良時代の「平城京」の字なので「へいじょう」で正解です。

しかし、ここは難読漢字。単純に「へいじょう」以外でも読み方があるんですが、いったい何か分かりますか?

完全に当て字にはなりますか、何と読むのかヒントをみながら考えていきましょう!

 

「平城」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「へいぜい」とも読むそうですが、これとも違う別の読み方です。

ヒント➁ お城や建物の名前ではありません。

ヒント③ ずばり地名です!

 

「平城」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「なら」です!

 

・・・。当て字なのは分かっていましたが、平城京が奈良にあったからって「なら」と読むのはそのままストレートすぎますね。

 

でも、地名にそのまま当て字として使われることから、当時の平城京の影響力が分かるというものです。

 

平城京は、「何と見事な平城京」の語呂合わせで覚えたとおり、710年に現在の奈良市につくられた都です。平城京を中心に、当時の中国の先進国のノウハウをベースに、律令国家としてのしくみが完成し、天平文化が花開いた中心地です。

この平城京があった時代を奈良時代と言い、当時は10万人もの人が住んでいたんだとか。

 

「平城」は、今でも修学旅行の定番スポットとして有名ですが、これからも日本の古都として、世界に誇れる歴史的な場所です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA