漢字読み講座

【糵】【甘唐辛子】【果物時計草】難読漢字クイズ!あなたはすべて読めますか?

今回の漢字は「糵」「甘唐辛子」「果物時計草」の3つ。

すべて読むことができれば漢字マスターと呼べるほど、難易度は高めです。

それでは早速、いってみましょう!

最初の漢字は「糵」

 

「糵」

初見でいきなり読むことができる人はほとんどいないのではないでしょうか?

この漢字の読みは3文字。

「〇〇〇」

わかりますでしょうか?

「糵」の読み方のヒントは?

漢字は非常に難しいですが、この漢字が表すものはとっても身近。

野菜の名前なのですが、この野菜はどのスーパーに行っても置いてあるはずです。

ただ、コスパ抜群の野菜のため売り切れることもしばしばあります。

白くて、細くて袋に入ったあの野菜。

もう分かってしまったでしょうか?

続いて、正解発表です!

正解は…

正解は…

もやし

でした!

なんだかもっとひょろっとした漢字かと思いきや、案外複雑で存在感のある漢字なんですね。

実は「萌やし」とも書くことができます。

植物が芽吹くときに「萌える」と表現することもあるので、こちらは少し納得しやすいかも。

ぜひどちらの漢字も覚えておいてくださいね。

続いては「甘唐辛子」

簡単な漢字に少し難しい読み。

難読漢字の基本パターンの一つです。

2つ目にご紹介する「甘唐辛子」もその一つ。

もちろん、「あまとうがらし」というそのままの読みも正解です。

むしろそうとしか読めないとさえ思ってしまいそうです。

しかし、ここでもうひとつの読み方を考えてみてください。

この漢字の「もう一つの読み方」、あなたは分かりますか?

「甘唐辛子」の読み方のヒントは?

お察しの通り、これはある野菜の名前です。

甘い唐辛子と聞くと「??」となりますが、この野菜は甘いとは言わないまでもたしかに辛くはありません。

思いつく野菜を挙げていけばおそらく序盤に出てくるであろうあの緑の野菜。

子供の頃に苦手だった方も、なんならいまも苦手な方も多いのではないでしょうか。

分かりましたか?

正解は…

正解は…

ピーマン

でした!

ピーマンが唐辛子の仲間と聞くと、なんだか納得できてしまいます。

ただ、やっぱり「甘い」は言い過ぎな気がしますね(笑)

最後は「果物時計草」

最後の漢字です。

「果物時計草」

なんだか見当もつきませんね。

もちろん難読漢字クイズですから、「くだものとけいぐさ」ではありません。

この漢字、読むことができるでしょうか?

「果物時計草」の読み方のヒントは?

実はこれ、ある果物の名前なんです。

といっても日常的に食べる人は少ないと思います。

南国を象徴するようなフルーツで、ジュースにすることが多いです。

外見は黒っぽい紫、実を割ってみると中はオレンジ色。

分かりましたでしょうか?

続いて、正解発表です!

正解は…

正解は…

パッションフルーツ

でした!

「なんでこの漢字に!?」と思ってしまいますが、実は単純明快。

パッションフルーツはトケイソウ科に属する植物なんです。

時計草の果物だから「果物時計草」なんです。

正直日常生活でパッションフルーツに出会う機会は少ないです。

だからこそ、この漢字を覚えておけばふとした時に雑学を披露できるかもしれませんね。

漢字は日々の積み重ねです。

今日はご紹介した3つを覚えてみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA