漢字読み講座

【今日の難読漢字】「胡座」「子守熊」「飯事」この3つの漢字は読めますか?「飯事」は赤ちゃん言葉に直せば読めるかも!?

今日の難読漢字は

「胡座」

「子守熊」

「飯事」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「胡座」!

「座」という字が入っているので、何かの星座でしょうか。それとも中国から伝来した楽器でしょうか?

この読み方は、音読み・訓読みしても正解とはほど遠い読み方をしますので、あて字になりますね。

さあ、これは何と読むのでしょうか?

 

「胡座」の読み方のヒントはコレ!

 文字数は「〇〇〇」3文字です。

お父さんやおじいちゃんがよくこうやってくつろいでいます。でも、「椅子の上」ではしません。地べたでするものです。

 

「胡座」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「あぐら」です!

 

胡座とは、両膝を左右に開き、体の前で両足首を組むような座り方で、お父さんやおじいちゃんが縁側や床などで座るときによくやっているあの座り方です。

胡座をかくイメージは男性が強いですが、古来日本では、平安・鎌倉時代の宮廷につかえていた女官たちも胡坐をかいていたとか。

ただ、その座り方が女性として品がないので、正座や正座を崩した女座りが広まっていった歴史があります。

 

でも、胡座ってすごい楽ですし、女性でもついついやってしまいますよね。

何でも気楽が一番!胡座をかきながら今日もtake it easyです!

 

次の難読漢字は「子守熊」!

「子守をする熊」。これだけを見ると、あの恐ろしい熊のイメージとかけ離れて、パンダのイメージのような、親近感がある感じがしますね。

さあ、いったい何熊なんでしょうか?

 

「子守熊」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇クマ」とは読みません。

どちらかというと、木の上でゆっくり動いているユーカリが大好きな動物です。

 

「子守熊」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「コアラ」です!

 

「熊」というからには、何熊なんだろうと思った方も多いと思いますが、これで「コアラ」と読むんですね。

確かに、お腹の袋に赤ちゃんを入れて大切に育てている有袋類なので納得はできますが、熊のイメージというよりは愛くるしさの方が正直、勝ります。

オーストラリアに観光にいくと抱っこさせてもらえますが、木の上で生活している動物のため、かなり爪が痛いんです。

でもモフモフで可愛いから許しちゃう、そんな生き物が子守熊です。

今日のおやつはコアラのマーチで決まり!

 

最後の難読漢字は「飯事」!

「めしごと」または「はんじ」?いいえ、違います。

ご飯の最中のトラブルなのか、その時間帯を指す言葉なのか・・・。

さあ、何と読むか分かりますか?

 

「飯事」の読み方のヒントはコレ!

「飯」を赤ちゃん言葉にするとすぐ分かりますよ!

ずばり、小さな女の子がよくやる「遊び」です。

 

「飯事」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ままごと」です!

 

「おままごと」なんて呼ばれる小さい女の子が必ずする、あの遊びです。自分の家庭をベースにロールプレイングする、高度な遊び・・・。男の子はチャンバラしかやっていないような時期なのに、さすが女の子ですね。よく犬の役をやらされていました・・・。

 

公園などで小さな女の子同士が飯事遊びをしていると微笑ましいものです。

でも、気をつけないと昼ドラばりのドロドロの飯事が始まったりして、お母さん達の方がドキっとして焦っちゃう一面も。

女の子っていくつになっても・・・素敵ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA