漢字読み講座

【「搾る菜っ葉」と書いて何と読む?「しぼりな」ではありません!】「搾菜」、あなたは読めますか?

この漢字はいったい何と読むのでしょうか?

 

「搾る」ものといえば、普通は果物など、瑞々しいものや汁を多く含んだものを連想しますが、「菜っ葉」って・・・。

 

草を搾ったところで、緑色の汁がにじみ出てくるだけで、何だか美味しそうではありませんよね。

 

そもそも、「搾ると汁が出る」で合っているのかどうか、ヒントも参考にしながら考えてみましょう!

 

「搾菜」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇ー〇イ」の4文字です。

ヒント➁ 植物の名前でもあるし、漬物としての名前でもあります。

ヒント③ 中華料理屋さんでよく出てきます。

 

「搾菜」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ザーサイ」です!

 

「ザーサイ」は、いわゆるアブラナの一種の草で、カラシナの変種です。

植物単体として、そのまま「ザーサイ」とも呼びますが、私たちが普段イメージするのは中華料理などで出てくる漬物の方の「ザーサイ」ではないでしょうか?

 

でも、日本でも茨城県つくば市や神奈川県三浦市などでは特産品の一つとして、生産されています。

 

味は、キムチの辛くないバージョンに近いと思いますが、いずれにしろ、脂っこい中華料理などにぴったりの一品です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA