漢字読み講座

「烏賊」って何て読む?「ちょうぞく」ではありませんよ!

動物の名前を表す漢字は、予想外な読み方をするものが多いですよね。

「烏賊」

も、そのひとつ。

「烏(からす)」と「賊(ぞく)」を合わせると、いったいなんと読むのでしょうか?

「烏賊」読み方のヒントは?

ヒントは、ひらがな2文字の生き物。
「烏(からす)」という漢字を使っていますが、鳥類ではなく海の生き物です。

食用として使われることが多く、刺身・焼き・干物などさまざまな料理に使われています。

ここで最大のヒント!
腕が10本あり、敵に遭遇すると黒い炭を吐いて逃げ出します。

もうわかりましたね?

「烏賊」の読み方、正解は…

正解は……

 

「いか」

です!

「烏賊」という漢字の由来は諸説あり、確かなことはわかっていません。

水面に漂うイカを烏(カラス)が捕まえに降りてきたところ、逆にイカが水中に引きずり込み捕えてしまったという中国の伝説から、「烏を襲う賊のような生き物」という意味でつけられたという説があります。

さらに、イカの墨が烏のように黒いから「烏賊」となったという説も。

普段はカタカナで表記されることが多いですが、「烏賊」という漢字を見かけたときは、「こんな由来があったな。」と思い出してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA