漢字読み講座

伽羅蕗って何て読む?「からろ」?これを知ってると自慢できるかも!?

「伽羅蕗」

古い時代に書かれた小説を読んでいると、ときどき全く読み方のわからない熟語に出会います。

「伽羅蕗」も、そんな熟語の一種かもしれません。
こんな難しい漢字の並び、日常で見かけることは滅多にありませんよね!

なんとなく、「からろ」と読めないこともないですが……もちろん違います。

この熟語、実はある料理の名前なのですが、「食べたことある!」といった方はそう多くはありません。

読み方を知っていれば、自慢できるかもしれませんよ!

「伽羅蕗」の読み方のヒントはコレ!

ヒント1:読みは漢字から連想することも可能

ヒント2:とある料理の名前だがメジャーではない

ヒント3:「伽羅色」が大ヒント!

「伽羅蕗」の読み方のヒントは、「読みは漢字から連想することも可能」です。「伽羅」と「蕗」に分けてあげると読めるかもしれません。

また、「伽羅蕗」はとある料理の名前ですが、若い人にはメジャーではありません。「おじいちゃんやおばあちゃん家で食べたことはあるかもしれないけれど、名前までは知らない」といったイメージの料理ですね。

「伽羅蕗」の「伽羅」は「伽羅色」を意味します。「伽羅色」とはやわらかい黄赤色を指します。黄赤色の、田舎で食べる料理といえば……?

「伽羅蕗」の読み方!正解は…?

「伽羅蕗」の読み方、正解は……

「きゃらぶき」です!

伽羅蕗とは「フキの茎を、醤油 (しょうゆ) で伽羅色に煮詰めた料理」です!

画像を見れば、絶対「あっ!食べたことあるかも!」となるので、検索してみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA