漢字読み講座

【今日の難読漢字】「倫敦」「羅府」「骰子」。この3つ、どれも難問です!!

今日の難読漢字は

「倫敦」

「羅府」

「骰子」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「倫敦」!

そのまま読むと、「りんとん」ですが、訓読みにすれば誰かの名前のようにも見えますね。

 

でもこれは、偉人などの名前ではありません。

 

倫理の「倫」は「人が修め、守るべきみち」のような意味があり、「敦」には「手厚い」のような意味があります。

 

この2文字の組み合わせだと、何か大切な教えのようにも思えてきますが、正解はどうでしょうか!?

 

「倫敦」の読み方のヒントはコレ!

これは都市の名前で、バッキンガム宮殿があるところです。

 

「倫敦」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ロンドン」です!

 

「ロンドン」といえば、世界史などでも習った「産業革命」がヨーロッパでいち早く起こったイギリスの首都です。

 

「ロンドン」は歴史的にも古く、世界文化遺産がなんと4つもある都市ということを知っていましたか?

どれもとても有名ですが、ロンドン塔、キューガーデン、ウェストミンスター宮殿、グリニッジ。

このグリニッジは天文台があった場所として登録されていますが、皆さんご存じ、世界地図の緯度(縦の線)の始まりの場所。

 

このことから、「ロンドン」は今も昔も名実ともに「世界の中心」といっても過言ではありませんね!

 

次の難読漢字は「羅府」!

そのまま「らふ(らーふ)」と読め、実はこれでも合ってはいます。

 

しかし、今回は難読漢字の問題。

もう少し一般的な、誰もが知っている読み方をする漢字なんですが、なんだか分かりますか?

 

ヒントは音読みでも訓読みでもない、いわゆる当て字になります。

 

なので、ヒントを見ないことには始まりませんね・・・

 

「羅府」の読み方のヒントはコレ!

ある国の州の都市の名前で、州の名前より有名です。

名前に「天使(angel)」が入っています。

 

「羅府」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ロサンゼルス」です!

 

「ロサンゼルス」は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州の都市(郡)の一つ。

州の名前よりも有名で、他にもハリウッドやビバリーヒルズもあって、何だかすごいゴージャスな郡となっています。

 

しかも「ロサンゼルス」は、カリフォルニア州で最大というだけでなく、アメリカ全体をみてもニューヨークの次に人口が多い、北米屈指の世界都市なんです。

 

ちなみに、名称に「angels」が入っているのは、ずばりそのまま「天使たち」を意味しています。当時、アメリカに入植した人々が町のことを「私たちが貴婦人で、天使たちの女王の町」と名づけたことが由来になっているそうですよ!

 

最後の難読漢字は「骰子」!

タイトルにもありますが、この「骰子」という漢字は、「骰」の1文字でも同じ読み方をするんですが、分かりますか?

 

と言われても、漢字検定1級の超難問・・・。

 

パッと見、「餃子(ぎょーざ)」に見えなくもない「骰子」ですが、食べ物ではありませんよ!

 

さあ、ヒントを見て一緒に考えてみましょう!

 

「骰子」の読み方のヒントはコレ!

これは一般的には「立方体」をしていて、「1~6」の数字があります。

 

「骰子」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「サイコロ」です!

 

「サイコロ」は、すごろくゲームでもお馴染み、立方体の形をしていて各面には1~6の数字が書かれている道具ですね。

すごろくゲーム以外では、賭博などにも使われており、乱数を発生させる道具としても用いられてきました。

 

一般的には立方体の6面のサイコロが有名ですが、正四面体のものや12面体のものなど、いろんな形のサイコロがあります。

 

ちなみに、一般的な立方体のサイコロの目って、裏表の数を足すと7になること、皆さんは知っていましたか??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA