おうち時間

「語り種」ってなんて読む?「かたりたね」と読んでしまったあなたは・・・

「語り種」

「語り」はそのまま「語る(かたる)」と同じように「かたり」と読みます。問題は「種」の読み方。そのまま「たね」とは読みません。もちろん「かたりしゅ」でもありません。

さぁ、なんと読むのでしょう。

「語り種」読み方のヒントは?

ヒントは、時間が経っても広い範囲で語られる話題を表す言葉です。話し続けられる話題の種という意味でこの漢字が使われています。

類語は

「語り継がれる」

「伝承されている」

「伝説になった」

などが挙げられます。

また「種」を「草」と書く場合もあります。「草」と書いた時はそのまま読めばOKです。これは大ヒントですね!

「語り種の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「かたりぐさ」

です!

「彼の行動はいつまでもこの会社の語り種になっている」

「試合での大活躍はのちのちまで語り種となった」

のように使います。

広範囲で知られていても話題になってまだ日が浅かったり、すぐに忘れられてしまったりする時には「語り種」は使われません。年月が経っても、人々に語られている話題に対してのみ使われます。

「語り草」とも書きますが、これは「くさ」という音の当て字です。今では「草」と書くことの方が多くなっていますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

POSTED COMMENT

  1. 田舎の住人 より:

    とても良い勉強になります。これからは書くことに挑戦します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA