漢字読み講座

「忍辱」ってなんて読む?「にんじょく」?絶対に聞いたことのある読み方だけど、意味は少し特殊です!

「忍辱」

何と読むか分かりますか?

「忍者(にんじゃ)」や「忍ぶ(しのぶ)」などに使わる「忍」と、「屈辱(くつじょく)」や「辱める(はずかしめる)」などに使われる「辱」を合わせた言葉です。

そのまま読むと「にんじょく」になりそうですが、不正解。

実は、とても意外な読み方をします。

どんな読み方をするのでしょう?

「忍辱」の読み方のヒントはコレ!

ヒント1:とある食べ物と読み方が一緒

ヒント2:語感は「にんじょく」にとても近い

「忍辱」の読み方の最大のヒントは、「とある食べ物と読み方が一緒」という点です。みなさんも絶対に食べたことのある食べ物です。ただ、読み方は一緒ですが、意味は全く違うので漢字から想像がつかないと思います。

語感は「にんじょく」にとても近く、1文字くらいしか違いがありません。これはかなりの大ヒントです。

つまり、「にんじょく」に語感が近い「一般的な食べ物」を想像してみれば正解に近づけます。

「忍辱」の読み方!正解は…?

「忍辱」の読み方、正解は……

「にんにく」です!

といっても、野菜の大蒜(にんにく)とは意味がまったく違うので要注意です。

忍辱(にんにく)は仏教用語で「恥を耐え忍んで、心を動かさないこと」という意味があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA