漢字読み講座

「鋸」ってなんて読む? カナヅチっぽいものを想像したあなたは・・・

「鋸」読み方のヒントは?

金偏(かねへん)が付く以上、金属でできたものであることは予想できるものの、

金槌(かなづち)とも違いますし、鋳型(いがた)の「鋳」とはちょっと違います。

 

でも鋸は小学校でも使う事があるくらいに、メジャーな工具です!

 

もうひとつヒントを言うならば、「い」という文字は使いません。

仕事で使っている人なら、もうわかっているかも知れませんね。

「鋸」読み方のもうひとつのヒントは?

もうひとつのヒントは、「切る物」です。

 

キッチンで使う包丁ではありませんし、ハサミでもありません。

「鋸」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「のこぎり」

です!

 

毎日仕事で使ってるのに!という人も多いかも知れません。

意外にもよく使っている物でも、漢字が読めないことも多いのが大人。

 

その昔、のこぎりは「のほぎり」と呼ばれていて、平安時代に「ほ」と同じ母音の「こ」に変わり、「のこぎり」と呼ばれるようになりました。

 

動かないように据えて、腰を落として切る事から鋸という漢字になったようです。

 

鋸は石器時代から使われており、日本でもよく古墳から出てくることから、古くから愛されている工具としても有名です。

 

これからは鋸の漢字を、是非使ってみてください!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA