漢字読み講座

「晦渋」はなんて読む?「まいじゅう」と読んでしまったあなたは…

「晦渋」読み方のヒントは?

鳴き声が「ガオー」の生き物といえば…?

「晦」を読むヒントは字の形が似ている「海」になります。

「晦渋」の読み方、正解は…

いじゅ」と読みます。

怪獣ではありませんよ!

言葉や文章がむずかしく意味がわかりにくいこと」を意味します。

どういうときに使われるのでしょうか?

その意味の通り、「晦渋な文章」「晦渋な表現」というように使われます。

難しい言葉や文章でつづられた小説は、一文を理解するのにも苦労しますよね。

純文学の最高峰のひとつ、芥川賞の受賞作品なんかはその典型例ではないでしょうか。

明治時代の古い言葉や、このサイトで取り上げているような難読漢字も良い例です。

最近では難しめの文章は避けられがちで、やたらと分かりやすい文章が好まれる傾向がありますが、昔は逆でした。

むしろ、堅く、難しそうに見えるほど価値があったのです。

普通の動詞や接続詞さえ漢字で表記され、それだけでも読みにくいものでした。

「晦渋」は時代の流れを感じさせる言葉といえるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA