漢字読み講座

【え?これって「なりひら」でしょ!?実は他にも読み方があるんです!】「業平」、他の読み方は分かりますか?

「業平」といえば、誰もが「なりひら」と読むでしょう。

もちろん正解です。

 

その「業平(なりひら)」にもいろいろあって、平安時代の歌人である「在原 業平(ありわらのなりひら)」だったり、日本にある地名(東京都墨田区など)の場所を指したりしますよね。

 

でも、そこは難読漢字の問題です。

 

意外すぎて、「業平」の他の読み方を知ったら驚きますよ!

 

「業平」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これはある国の英語読みです。

ヒント➁ 最後の文字は「ン」です。

ヒント③ 国旗は「日の丸」です。

 

「業平」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ジャパン」です!

 

えー!これで「ジャパン」って読むの?と思った方、私も最初は驚きました。

 

だって、国の名前を漢字で表すときは、そもそも英語読みのものだったり意味から漢字に当てたものが大半で、アメリカ合衆国なら「米国」、イギリスなら「英国」とかですよね?

 

なら、「ジャパン」は「日本」で表記すればいいじゃない・・・って、普通に誰もが思うはずです。

 

一説には、もともと日本はマルコポーロの東方見聞録で「ジパング」と紹介されており、これが中国圏では「ジーヘン」や「ジペ」と発音されており、その発音に近い漢字が当てられた、というものがあります。

 

「業平」、今度から話のネタになりますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA