漢字読み講座

「仇讐」は何と読むでしょうか?「くしゅう」ではありません…

「仇讐」は何と読むかわかりますか?

「くしゅう」ではありませんよ…

「仇討ち」の仇に「復讐」の讐が重なった字面からは、何やらただならぬ雰囲気が漂ってきますが…

さて、あなたには読めるでしょうか?

「仇讐」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の文字数は「〇〇〇〇〇〇」の6文字です
  2. 讐の字の読み方は「復讐」の讐と同じ
  3. 意味は、あだ、かたき、恨みのある相手などです

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「仇讐」の読み方!正解は!?

正解は「きゅうしゅう」です!

「仇讐(きゅうしゅう)」の「仇」も「讐」も、憎い相手、かたき、恨みといった意味を持ちます。

恨みの言葉を2つも重ねて、まさに怨念が積もり積もったイメージでしょうか。

仇讐と関連して「恩讐(おんしゅう)」という言葉があります。

菊池寛が1919年に発表した小説「恩讐の彼方に」のタイトルに使われた言葉です。

恩讐とは「情けと恨み」といった意味を持ち、「恩讐の彼方に」とは「良いことも悪いことも超えて、分かり合える時が来る」というような意味になります。

「仇讐」は暗くて重い言葉ですが、「恩讐」という言葉もあると思うと、救われたような気がしますね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA