漢字読み講座

【単純に「みずどり」じゃないの??この「水鶏」って何の鳥?】「水鶏」、あなたは読めますか?

シンプルに「水と鶏」と書く「水鶏」。

 

どこからどうみても、水辺や沼地などに生息している鳥という感じがしますね。

でも、あえて「水鳥」と表記しないところに何かヒントがあるのかもしれません。

 

意味やイメージは分かるのに、読めそうで読めないこの漢字、いったい何と読むのでしょうか?

 

「水鶏」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 沖縄のある島にしか生息しない鳥の名前にも入っています。

ヒント② 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント③ 忍者が使う武器はクナイですが、これと名前が似ています!

 

「水鶏」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「クイナ」です!

 

沖縄にいる「ヤンバルクイナ」の名称でもおなじみ、「クイナ」とは鳥なのに飛べない鳥、または苦手な鳥の総称です。

 

字のごとく、湿原や沼地に生息している個体が多く、飛んで遠くに行けないため生息範囲は限られていることが多く、また、人間や動物から食用のため捕獲対象となることなどもあって、絶滅に瀕している個体も多いのが特徴です。

 

世界中にいる「水鶏」が、これからもずっと生き続けられる地球環境を維持したいものですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA