漢字読み講座

【超サービス問題!でも、意味まで正しく理解している人は少ない??】「相殺」、あなたは読めますか?

「相殺」。明らかに怖い単語・・・。

漢字は簡単ですし、言葉としてよく耳にしますね。

 

でも、いざクイズ番組のようにいきなり正しい読み方は?と言われると迷ってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

さらに、その意味も答えるとなると、一気に難易度が上がります。

 

「あいさつ」、「そうさい」、「そうさつ」・・・。

 

あれ?どれが正解だっけ?とならないためにも、この場で正しい読み方を覚えてしまいましょう!

 

「相殺」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「相」は「そう」と読みます。

ヒント➁ 読み方は2つありますが、それぞれ意味が違います。

ヒント③ どちらも、「そう〇〇」の4文字です。

 

「相殺」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そうさい」または「そうさつ」です!

 

今回は分かった方も多いのではないでしょうか。

 

また、一般的に「そうさい」の方を覚えていて、「そうさつ」の方は間違った読み方と覚えている人もいたのではないでしょうか?

 

どちらの読み方も正しいものですが、この2つは正確には意味が違います。

 

「そうさい」は、2つ以上のものや出来事の力、あるいは要素が拮抗していて、「お互いに差し引き」されてしまう様子のことです。

または、お金の貸し借りにおいて、一定の条件の下、解消するといった意味合いでも使われますね。

 

もう一つの「そうさつ」は、そのまま漢字のとおり「互いに殺し合う」です。

なんだかあまり使いたくない言葉ですね。

 

世間一般に、広く「そうさい」の方が覚えられているのは、その意味から来ているのかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA