漢字読み講座

【今日の難読漢字】「蚕豆」「水団」「石竜子」。「石竜子」は女性の名前ではありませんよ!

今日の難読漢字は

「蚕豆」

「水団」

「石竜子」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「蚕豆」!

絹を作るときには「蚕(かいこ)」の繭(まゆ)が必要になりますが、その「蚕」と「豆」が組み合わさったら何の豆になるんでしょうか?

 

「蚕」の文字が使われている以上、形や色など何かに関係しているとは思いますが、虫の名前と組み合わさると、少し抵抗を持ってしまうのは私だけでしょうか・・・。

でも、この「豆」は最高に美味しいので、ぜひ正解に辿りついてくださいね!

 

蚕豆」の読み方のヒントはコレ!

イメージは、エンドウ豆や枝豆の大きいやつです。

「〇〇まめ」の4文字です。

 

蚕豆」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そらまめ」です!

 

「そらまめ」と言えば、一粒一粒が大きくて味がしっかりした、塩茹でにすると最高のおつまみになる豆ですよね!

でも、うっかり居酒屋で何個も注文してしまうと、お会計のときに酔いも醒めるほど高いことにびっくり・・・。

そんな「そらまめ」ですが、他にも「おたふくまめ」「一寸豆」「いかり豆」など数多くの呼び方があります。

 

また、漢字で「蚕豆」と書くのは、「そらまめ」のさやの形が蚕に似ていることや、蚕が繭を作る時期に美味しく収穫できる、といったことが由来となっているようです。

 

たまには贅沢に、今夜の晩酌のお供は「蚕豆」の塩ゆでに決まりですね!

 

次の難読漢字は「水団」!

2つの漢字はどちらもとても簡単で、「水」と「団」の「水団」です。

 

「団」は、団体、団子など「固まる」という意味がありますので、「水が固まった何か」と予想できますが、どうでしょうか?

 

そのまま音読みにすると「すいだん」

 

実は、これが近からず遠からずの読み方なんですが、正しい読み方はいったい何でしょうか?

 

水団」の読み方のヒントはコレ!

食べ物がないときなど、この料理は重宝します。

味はかなり淡泊で、シンプルイズベストな食べ物です。

 

水団」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「すいとん」です!

 

「すいとん」って何?と思った方は、かなり恵まれている最近の若者とお見受けします。

 

「すいとん」とは、小麦粉を練って茹でただけの料理のことをいい、一般的には家に具材が何もないとき、今月は家計が厳しいとき・・・に活躍する料理です。

 

歴史をたどると、室町時代にはすでに存在していたようで、江戸時代前後には庶民の味として定着し、関東大震災などの食糧難の時代に大活躍したとも言われています。

 

そんな「水団」ですが、現在では一緒に野菜やお肉、出汁なども工夫され、一つの鍋料理として、また、各地方のカラーを出した郷土料理として親しまれるようになりました。

 

あの飽きのこないシンプルな味わいが何とも言えない「水団」、ぜひご賞味あれ!

 

最後の難読漢字は「石竜子」!

 一見すると、歌手にでもいそうな「石竜子」さんに見えるこの漢字、もちろん人の名前ではありません。

 

今回は、音読みではなく漢字の意味から考えた方が正解に近づける問題となっていますが、何だか分かりますか?

 

ヒントは「竜」と「子」の部分で、「石」はあまり着目しない方が良いかもしれませんよ!

 

石竜子」の読み方のヒントはコレ!

その姿はまさに小さい竜!

「〇〇〇」の3文字です。

 

石竜子」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「トカゲ」です!

 

「トカゲ」は、まさに小さいドラゴンと言っても過言ではないくらい、現代に生きる「小さい恐竜」ですね。

 

この「トカゲ」とは、トカゲ亜目に属する爬虫類全般を指す言葉なので、同じ「トカゲ」といっても「コモドドラゴン(コモドトカゲ)」のような4mを超すようなまさに恐竜のものから、「ミクロヒメカメレオン」のような3cmほどの体長のものまで、多岐に渡ります。

 

また、「トカゲ」は毒がないものも多く、生態も人間にとっては害がない種類のものが多いので、ペットとしても人気が高いのも特徴ですね。

 

でも、個人的に爬虫類が家の中にいるのって、ちょっと無理かも・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA