漢字読み講座

【今日の難読漢字】「諧謔」「讒言」「琴瑟相和す」この3つの漢字は読めますか?「琴瑟相和す」は円満な結婚生活のヒントに!?

今日の難読漢字は

「諧謔」

「讒言」

「琴瑟相和す」

の3つです。

さあ、何と読む?

まず最初の難読漢字は「諧謔」!

文字数は「〇〇〇〇〇」5文字です。

「諧謔」読み方のヒントは?

いっけん読むのが難しそうですが、「諧謔」それぞれの漢字の”つくり”をよく見て、音読みしてみましょう。

「諧謔」の読み方、正解は…

かいぎゃく」と読みます。

意味は…「ユーモア」です。

「どうしてそんな意味になるの!?」と思った方もいるでしょう。

仮に読み方が分かっても、その意味を想像することが難しい言葉の一つといえます。

それぞれの漢字をみると、

諧…調和

謔…戯れる

という意味があります。

合わせると、たしかに「ユーモア」の訳語として適切かもしれませんね。

続いての難読漢字は「讒言」!

文字数は「〇〇〇〇〇」4文字です。

「讒言」読み方のヒントは?

「讒」の字を見たことのある人はいないのではないでしょうか?

複雑怪奇な漢字ですが、ヒントは濁音になります。

「讒言」の読み方、正解は…

ざんげん」と読みます。

意味は「事実を曲げて目上に悪く言う」になります。

「言」がついているので、「何かを言う」ことは想像できたと思いますが、そんな複雑な意味なんだ…と驚かれたかもしれません。

そういう厄介な人、たまにいますよね。

なかなか狡猾で、悪巧みのにおいがする言葉ですね。

最後の難読漢字は「琴瑟相和す」!

文字数は「〇〇〇〇〇〇〇す」7文字です。

「琴瑟相和す」読み方のヒントは?

よくみると難しい字は「瑟」だけかと思います。

「瑟」は、部首をそのまま音読みしないのがヒントです。

「琴瑟相和す」の読み方、正解は…

きんしつあいわす」と読みます。

意味は「夫婦がきわめて仲睦まじいこと」になり、夫婦円満のヒントを教えてくれる言葉になります。

「瑟」は「おおごと」を意味し、琴とよく似た弦楽器ですが、琴とは違うものです。

つまり、琴と瑟はたいへんよく似ているものの、微妙に違うわけです。

を合奏すると、その音がよく合うことから「相和」になっています。

この言葉は、理想の夫婦の関係性はどうあるべきか、について示唆を与えてくれるものです。

すなわち、夫婦も琴と瑟のように、性格や考え方が基本同じが良いけれど、やや違うくらいがちょうどいいということです。

画数が多い漢字が多かったですが、読めましたでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA