漢字読み講座

【「海にいるタヌキ」??イルカとかアザラシがこんな字だったような・・・】「海狸」、あなたは読めますか?

「海」+漢字1文字のパターンは、他にもいくつかありますよね。

 

「海」+「豚」=イルカ、

「海」+「豹」=アザラシ、

「海」+「象」=セイウチ など、海の生き物シリーズであることは間違いないようです。

 

でも、豹や象などと違って「狸」は何だか愛くるしいイメージがありますので、小型で穏やかな性格の動物だと推測できますが、いかがでしょうか?

 

「海狸」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 泳ぐことも得意ですが、かじるのも得意!

ヒント➁ 「〇ー〇ー」の4文字です。

ヒント③ 見た目は大きなネズミ??

 

「海狸」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ビーバー」です!

 

「海狸」は、体長80cmくらいの中型の動物で、見た目は大きなネズミやカピパラに近い容姿をしています。

 

後ろ足に水かきがあり、泳ぎが大の得意。生態としても河川や湖、沼などで暮らしています。

また、もう一つの特徴が、大きな前歯。

「ビーバー」は草食動物ですが、1日になんと2kgもの草や木の皮を食べることでも知られていて、1m近い木の枝でも、ものの数分あれば丸裸にしてしまうほどの咀嚼力を持っています。

 

木の皮を剥くだけでなく、木そのものもかじり倒してしまうほどのパワーをもつ「海狸」は、もはや「狸」ではないような気がしてきました・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA