漢字読み講座

【神様の教えを書いたもの!?それって何??】「経典」という漢字、あなたは読めますか?

学校で世界史を習うとき、必ずといっていいほど「宗教」と一緒にその国の歴史も学びますね。

 

今回の漢字は、そんな宗教と関わりの深い「経典」という漢字です。

 

読めそうで読めない、間違えて覚えていたら恥ずかしい言葉ですので、自信がない人はヒントを参考に正解にたどり着いてくださいね!

 

ちなみに、「けいてん」と読んでしまったアナタ、神様から怒られますよwww

 

「経典」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇〇」の5文字です。

ヒント② 「典」は2つありますが、ベーシックに「てん」でもOKです。

ヒント③ お坊さんが読むのは「お経」ですね!

 

「経典」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「きょうてん」です!

 

「経典」は、「きょうてん」と読む他に「きょうでん」とも読みます。

 

「経典」とは、神様の教えを記した文字や書物全般のことを指し、一般的にはその宗教があがめる神のことを指します。

 

日本では仏教が広く信仰されていることから、お坊さんが読む「お経」がそれにあたります。

 

キリスト教では聖書、イスラム教ではコーランなど、神様が記した偉大なる教えや規律は長い年月を経た今でも、私たちを導いてくれています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA