漢字読み講座

【「疑う」の字と良く似ているけど違います。でも意外にヒントは「疑う」です!】「擬き」、あなたは読めますか?

「擬き」という漢字はあまり見かけませんが、「疑う」は常用漢字としてよく使いますよね。

 

字も非常によく似ていますが、意外に「疑う」ことをすれば「擬き」を見破ることが可能かもしれません。

 

「擬態(ぎたい)」という行為が昆虫や動物の世界ではありますが、まさに「疑って」よく見れば分かるかも??

「擬き」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇き」の3字です。

ヒント② 意味は「擬態している様子」です。

ヒント③ おでんの具には「がんもどき」がありますね。

 

「擬き」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「もどき」です!

 

「擬き」とは、「いみはばかること」や「嫌がること」などを表す言葉です。

 

「擬き」とは、「何かを真似している行為や様子」のことです。

自然界では昆虫などが葉っぱや枯葉に「擬態」しますが、いわゆる「ニセモノ」です。

 

あくまでそっくりに真似てはいますが、「似て非なるもの」。

 

もともとは、日本の芸能において「主役にからむ役」や「前に演じたものを滑稽にして演じ直す」ということに使われた言葉でもあります。

 

何でも最初は誰かの真似から始まりますが、それが「擬き」で終わらず、自分だけのスペシャルとして昇華させたいものですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA