漢字読み講座

【今日の難読漢字】「懇ろ」「大口魚」「金雀児」「頓珍漢」「乳離れ」ってなんて読む?

今日の難解漢字は、

「懇ろ」

「大口魚」

「金雀児」

「頓珍漢」

「乳離れ」

です!

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「懇ろ」です!

「懇意にする」や「懇親会」のような場面で使われる「懇」という漢字。

実は訓読みがあるのを知っていますか。

「こん」という音読みからすると意外な読み方があるのです。

1.「懇ろ」読み方のヒントは?

ヒントは、「懇」という漢字の持つ「仲が良い」という意味に隠されています。

「懇ろになる」のような使われ方をすることが多く、

読み方としては、「〇〇〇ろ」になります。

2.「懇ろ」の読み方、正解は…

正解は、

「ねんごろ」

です!

「懇ろになる」という使い方で、特に男女仲が親密になることを表します。

転じて、男女が関係を持つという意味で使われていた時代もありました。

とは言え、核となる意味は「親密である、心が通っている」という意味なので、使用場面は男女間に限定されているわけではありません。

「こん」という音読みからはなかなか想像できない「ねんごろ」という読みが正解でした。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

2つ目の漢字は「大口魚」です!

「大きな口の魚」。

特徴をずばりとらえた感のあるネーミングですが、いったい何の魚でしょうか。

 

「大きな口をしている魚」といえば、サメやクジラ、シャチなどの大型の魚類や哺乳類もいますし、釣りの対象魚であるブラックバスにも「ラージマウス」という種類がいます。

 

だいたいの魚は口が大きいことが分かりますね・・・。

 

では、あまり特徴にならない特徴を示した「大口魚」はいったい何と読むのでしょうか?

 

ヒントをみながら一緒に考えてみましょう!

 

「大口魚」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 食卓にも並ぶ美味しい魚です。

ヒント② カタカナ2文字で、一般的には他の漢字です。

ヒント③ サザエさんの息子といえば?

 

「大口魚」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「タラ」です!

 

「タラ」といえば、「鱈」と書くのが一般的ですね。

それは、「大口魚」の身が雪のように白いことから「鱈」という字が使われているのですが、捕食する際に大きな口を開けることから「大口魚」とも書きます。

 

また、たくさん食べることを「たらふく食べる」なんて言いますが、この「たらふく」の「たら」が「大口魚」のことを指していて、「大口魚のようにふくれた腹」で「たらふく」と言うそうですよ!

3つ目の漢字は「金雀児」です!

漢字だけをみると、「金の雀(すずめ)」という何ともゴージャスな感じですね。

そこに、「子ども」である「児」という字が加わり、「金雀児」。

 

これは縁起の良い鳥か、「麒麟児」のように天才児を指すような言葉でしょうか?

 

でも、今回はこの推測とはかなりかけ離れていますので、ヒントをみなければまず正解できないと思います。

 

さあ、この天才児ならぬ「金雀児」、いったい何と読む?

 

「金雀児」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① これは植物の名前です。

ヒント➁ 蝶の形をした黄色い花をつけます。

ヒント③ 「エ〇〇ダ」の4文字です。

 

「金雀児」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「エニシダ」です!

 

葉の根本に、モンキチョウが何匹もとまっているかのごとく、綺麗な黄色い花が特徴の「エニシダ」。

 

「エニシダ」は、ヨーロッパ原産のマメ科の落葉低木で、江戸時代の貿易を通じて日本に輸入され、鑑賞用として今日まで普及しました。

 

とても良い香りがするので、庭のガーデニングとして植えられることが多いですが、本場ヨーロッパでは枝の部分を「箒」の材料として利用するのが一般的だったそうです。

 

このことから、「箒=主婦」という図式が成り立ち、「エニシダ」がたくさん植えられている家は「女が強い」という伝承もあるんだとかwww

 

「エニシダ」がたくさん植えられている家があったら、奥様のことをつい見てしまいそうですね!

4つ目の漢字は「頓珍漢」です!

「頓珍漢」と書いてなんと読むか分かりますか?

昔は誰でも読めていたと思いますが、最近の人は分からないかも…。

元々は鍛冶屋が、相槌の音がリズムよく揃わないことから「頓珍漢」と付いたそうです。

「頓珍漢」なことを言い出す人は、ちょっとドン引きされているかもしれません。

さて、「頓珍漢」と書いてなんと読むでしょうか?

「頓珍漢」読み方のヒントは?

整頓の「頓」と、「珍しい」と、「漢」で「頓珍漢」。

実はそのまま読んで正解です!

「珍しい」は、「珍事」や「珍客」と使います。

「漢」は「漢字」の漢です!

字面でみると複雑そうですが、読み方は単純です。

「頓珍漢」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇〇」です。

鍛冶屋の音が入ります。

さあ、もうわかりましたか?

「頓珍漢」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「とんちんかん」

です!

 

間抜けな発言や、見当違いな事はすべて「頓珍漢」と表せることができます。

ぜひ、覚えておきましょう。

5つ目の漢字は「乳離れ」です!

「乳離れ」は何と読むかご存知でしょうか?

「ちちばなれ」と読むのも間違いではありませんが、慣用読みになります。

慣用読みとは、間違えた読み方が広まったために、定着した読み方。

元々の正しい読み方が、あなたにはわかりますか?

「乳離れ」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇れ」の3文字です
  • 意味は、離乳しておっぱい以外の食べ物を取るようになることです
  • 成長して大人として独り立ちするという意味もあります

以上、3つのヒントから考えてみてくださいね。

「乳離れ」の読み方!正解は!?

正解は「ちばなれ」です!

一般には慣用読みである「ちちばなれ」と読んでいる人の方が多い印象ですね。

一説によると、60歳以上の人でも80%以上が「ちちばなれ」と読んでいるそうなので、間違えるのも無理ないといえるでしょう。

しかしよく考えてみると「乳飲み子」を「ちのみご」と読むことからも、「乳離れ」を「ちちばなれ」と読むのは間違いだとわかります。

「ちちばなれ」と読んでいた方はこの機会に頭の中で「ちばなれ」に訂正しておくと良いですね。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA