漢字読み講座

「無碍」ってなんて読む?むがいではありません!

「無碍」って何て読むか分かりますか?

(むがい)ではありません。

(むぎ)でもありません。

 

元々は仏教用語です。

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

「無碍」の読み方のヒントは?

「無碍」の意味は「何ものにもとらわれることなく、自由自在であること」です。

 

「碍げ」(さまたげ)が「無い」(ない)という2文字が組み合わさってできた言葉です。

 

類義語には「自由」「柔軟」などがあります。

 

≪例文≫

  • 時には無碍に考えて、面白い方法を見つけよう。
  • 無碍な発想から、この企画が生まれた。

 

何と読むかわかりますか?

 

「無碍」の読み方、正解は……

正解は……

 

「むげ」

 

です!

 

「無下」(むげ)と同じ発音ですが、意味が違います。

「無下」は「冷たくてそっけないこと」を表します。

  • 無下に断る。
  • 彼の好意を無下にはできない。

「無下」の類義語は「無益」「無駄」「放っておく」などがあります。

「無碍」と「無下」の使い方を間違えてしまわないように注意しましょう。

 

最近は、多様な価値観が尊重されていますので、無碍な発想を大事にしていきたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA