漢字読み講座

「途轍」ってなんて読む? 大げさではないあの言葉です!

「途轍」と書いて、なんと読むか分かりますか?

今まで見たことのない位の大きい物を伝える時に、どう表現しますか?

そう、あの言葉です!

さて、「途轍」と書いてなんと読むでしょうか?

「途轍」読み方のヒントは?

「途轍」だけだと、すじみち・道理、という意味ですが、

「途轍もない」と書けば、途方もない。なみはずれた。という意味になります。

「途轍」の筋道や道理から外れた意味から「常識では考えられない、とんでもない」という意味になったと言われています。

どちらかといえば、「途轍もなく大きな」「途轍もない痛み」「途轍もなく強い」など、大きさや強さを強調する時に使う方が多いでしょう。

他人に説明する時に、使ったことがありませんか?

きわめてずば抜けているという意味でも使われているので、「途轍もなく優秀」などと使う事もありますね!

「途轍」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「途轍」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「とてつ」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA