漢字読み講座

「謹む」ってなんて読む? 謹賀新年の「謹」ですが・・・

「謹む」と書いて、なんと読むか分かりますか?

見たことはある漢字だと思いますし、実際に書いたこともある言葉だと思います。

自分で口にすることはあまりないかも知れませんが、

耳で聞くことも多い言葉だと思います。

特に正月のテレビ番組ではよく聞きますね!

もちろん(きんむ)ではありません。

では、「謹む」と書いてなんと読むでしょうか?

「謹む」読み方のヒントは?

年賀状によく、

新年を謹んでお祝い申し上げます

なんて書いていますね。

自分でも書いたことがあるのではないでしょうか?

「謹む」はかしこまるとか、ていねいにするとか、礼を尽くすという意味です。

お正月以外でも「謹んで承(うけたまわ)る」「謹んでお受けいたします」なんて使われています。

「謹む」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇む」です!

さあ、もうわかりましたか?

「謹む」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「つつしむ」

です!

 

ちなみに「謹賀新年」と「あけましておめでとうございます」を一緒に書いてはいけません。

注意しましょう!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA