漢字読み講座

「特牛」って読めますか?「とくうし」でも「とくぎゅう」でもない日本の地名です!

日本には各地に何と読むのか見当もつかない、難読地名が点在しています。

特に北海道は沖縄には、独自の文化が根付いた歴史もあって難読地名がたくさんあります。

「新城」と書いて「あらぐすく」。

「勢理客」と書いて「じっちゃく」。

「足寄」と書いて「あしょろ」。

「花岬」と書いて「ばんなぐろ」など・・・

漢字からは全く想像もつかない読み方は、ユニークだと感じてしまうほどですよね。

「特牛」も何と読むのか楽しみですね。

さっそく見ていきましょう!

「特牛」の読み方のヒントは・・・?

上に挙げたように、難読地名は漢字を見ても予想が難しいものばかりですよね。

「特牛」も例外ではありません・・・

そこで、ヒントです!

読み方はひらがなで「〇っ〇〇」の4文字です。

「特牛」の読み方の答えは・・・

正解は、「こっとい」でした!

「特牛」は、山口県下関市にある地名です。

語源は「ことい」。

牡牛を表す「ことい」から取ったという説や、小さな入り江を示す「琴江(ことえ)」がなまったという説「重荷を負う屈強な牛」という意味から取ったという説などがあります。

地名の語源や由来って、詳しく研究されているものなんだと感心しますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA