漢字読み講座

「葱鮪」ってなんて読む?焼き鳥にも同じ読み方をするものがあります!

「葱」と「鮪」を入れて煮込んだ料理の名前です。

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「葱鮪」の読み方のヒントは?

 

ひらがな3文字の食べ物です。

 

”〇〇〇”

 

「葱鮪鍋」「葱鮪汁」「葱鮪焼き」などがあります。

 

また、焼き鳥の定番に同じ読み方をするものがあります。

 

さて、何と読むのでしょうか?

 

「葱鮪」の読み方、正解は……

正解は……

 

「ねぎま」

 

です!

 

諸説ありますが、元々はぶつ切りのネギとまぐろを鍋に入れて煮込んで食べるのが主流だったようです。

 

それから、ネギとまぐろを交互に刺して焼いて食べるようになりました。

 

やがてまぐろの値段が高くなるにつれて、安価な鶏肉を使うようになり、ネギと鶏肉を交互に刺して焼いたものを(ねぎま)と呼ぶようになったと言われています。

 

ネギとまぐろを煮込んだ「葱鮪鍋」を食べたことがないのであれば、1度食べてみることをおすすめします。

 

こんがりと焼いたネギとまぐろの旨味がしみ込んだ何とも贅沢な味わいが口に広がります。

 

寒い冬に特におすすめです!

 

もちろん焼き鳥のねぎまもおいしい食べ物ですよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA