漢字読み講座

「購う」「驕る」「諍い」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「購う」「驕る」「諍い」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「購う」

「購う」の読み方をご存じでしょうか?

「購入(こうにゅう)」の「こう」なので「こうう」と読んでしまいそうになりますが、もちろん間違いです。

ごく一般的な漢字なのに、これは難読だといえます。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「購う」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇う」の4文字です。
  • スーパーで魚を購う。
  • 「購入する」「何かを代償にして別の物を得る」という意味です。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「購う」の読み方!正解は!?

正解は「あがなう」です!

ヒントで紹介したように「購」という字は「代償を払って何かを手に入れる」といった意味を持ちます。

たとえば「春の洋服を購う」「努力の結晶として購われた地位」のように使うことができますね。

また、「贖う」と書いても「あがなう」と読みますが、こちらは罪をつぐなうという意味です。

全く同じ読み方なので、混同しないように注意が必要ですね。

2問目はこの漢字!「驕る」

「驕る」の読み方をご存じでしょうか?

パッとみた印象から「きょうる」と読んでしまいそうですが、もちろん間違い。

「驕」の字を「きょう」と読むのは音読みですが、今回の正解は訓読みです。

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「驕る」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇る」の3文字です
  • 地位や権力、家柄などを威張って思い上がること
  • 平家物語の有名な一節に用いられています

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「驕る」の読み方!正解は!?

正解は「おごる」です。

平家物語の冒頭にある「驕れる者久しからず」という一節は、有名ですね。

「自分の地位や権力を笠に着ている者は、長くは栄えずに滅びていく」という意味です。

地位の高い人や財力のある人が他の人々を見下すといったことは、現代でもよく見かけます。

そして、そういう人は信頼を得ることができないため長くは栄えないというのも、現代でも共通していると言えるでしょう。

類語としては「自惚れる」「自尊」「高慢」などがあります。

最後はこの漢字!「諍い」

「諍い」の読み方をご存じでしょうか?

「争」という字に似ていますが「あらそい」と読むのは間違いですよ。

なかなか読みにくい漢字ですが、日常的に耳にする言葉です。

さて、あなたには読むことができますか?

「諍い」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇い」の4文字です。
  • 意味は、言い争うこと。
  • 小さな諍いを放置すると、やがて大きな問題に発展する

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「諍い」の読み方!正解は!?

正解は「いさかい」です!

「あらがい」と読むのも正解ですが、ほとんどの場合「いさかい」と読まれるようですね。

意味はヒントでも紹介したように「言い争うこと」です。

例文としては以下のようなものがあります。

  • 彼とはつまらないことで諍いになって以来、会っていない。
  • 夫婦間の小さな諍いは放っておくのが一番だ。
  • 彼女とは相性が悪いらしく諍いが絶えない。

また、暴力が介入した場合には「諍い」とは言いません。

「諍い」とは、あくまでも口喧嘩や口論によるトラブルを指すので注意しましょう。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA