漢字読み講座

「浜木綿」ってなんて読む?浜(はま)の木綿(もめん)って一体何?

「浜木綿」って何て読むか分かりますか?

(はまもめん)ではありません。

(はまきわた)でもありません。

 

実は、植物で、花びらが木綿(もめん)の糸に似ていることから名付けられたと言われています。

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「浜木綿」の読み方のヒントは?

 

ヒント① 花の名前です。

ヒント② ひらがな4文字です。”〇〇〇〇”

ヒント③ 古くは『万葉集』の和歌にも出てきます。

ヒント④ 夏に白い花を咲かせます。

何と読むかわかりましたか?

 

「浜木綿」の読み方、正解は……

正解は……

 

「はまゆう」

 

です!

 

「浜木綿」は夏に海辺の近くに咲く花で、白くて細い6枚の花びらを反り返らせて10~20輪ほどの花を咲かせます。

 

花言葉は「どこか遠くへ」「汚れがない」などです。

 

和歌の世界では、「み熊野の浦」といえば「浜木綿」が連想されます。

 

また、「浜木綿」は葉が幾重にも重なっていることから「あなたへの思いが幾重にも重なっています」という思いを表しています。従って、「浜木綿」が出てくる歌は基本的に恋の歌です。

 

「浜木綿」が出てくる和歌は、切なさに溢れています。

 

どこかで「浜木綿」を見たときは、恋の歌を思い出してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA