漢字読み講座

「香魚」ってなんて読む?いい香りのする魚って何でしょう?

「香魚」って何て読むか分かりますか?

(かおりさかな)ではありません。

(こうぎょ)とも読みますが、

もっと一般的に知られている魚の名前があります。

 

天然物の「香魚」は本当にスイカやきゅうりのような独特の香りを持っています。

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「香魚」の読み方のヒントは?

 

ヒント① 淡水魚です。

ヒント② 「清流の女王」と呼ばれています。

ヒント③ 『古事記』にも登場するほど、なじみ深い魚です。

ヒント④ なんといっても「塩焼き」が一番おいしいです!

何と読むかわかりましたか?

 

「香魚」の読み方、正解は……

正解は……

 

「あゆ」

 

です!

 

「香魚」は食べたものによって香りが変化する不思議な魚です。

あゆは育った川の海底にあるコケを食べて育ちます。

そのため、同じあゆでも産地が違うと、同じ香りにはなりません。

 

徳島県では、餌に100%天然のすだちの果汁・天然発酵のリンゴ酢・はちみつなどを加えて「すだち鮎」というブランドのアユを養殖しています。

他にも愛知県の「ハーブ鮎」や和歌山県の「若武者あゆ」などさまざまなブランドのアユが養殖されています。

 

さまざまな「香魚」の味や香りの違いを楽しむ旅をするのも、楽しいかもしれませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA