漢字読み講座

「浮子」って何て読む?(うきこ)ともよみますが……

「浮子」って何て読むか分かりますか?

(うきこ)とも読みます。

(ふし)とも読みます。

 

今回はひらがな2文字で表してみてください。

 

”〇〇”

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「浮子」の読み方のヒントは?

実は、「浮子」にはたくさんの読み方があります。

ここでは、漁網の縁につけ水面上に浮かんで網の位置を標示する浮体の呼び方を答えてみてください。

何と読むか分かりましたか?

「浮子」の読み方、正解は……

正解は……

 

「あば」

 

もしくは

 

「うき」

 

です!

 

通常、漁網は浮力と重力という上下に働く力をうまくつり合わせて所定の形状を保つ必要があります。

このときに浮力を得るために用いられるのが「あば」といいます。「うけ」「うかく」などとも呼びます。

時間がたって吸水したり、水圧で変形したりして浮力が変化することがあるので、なるべく変化しないものがよいとされています。

 

「浮子」(うき)とも読みます。

 

(うき)と読む場合は、(あば)と読む場合と同じ意味も持っていますが、他にも意味があります。

 

浮子【うき】

浮くこと。また、浮く具合

釣りで、当たりを知るために、またえさを所定深さに置くために、釣り糸につける浮標。棒うき・玉うき・電気うきなどがある。

水中敷設した漁網位置を知るために、網綱につける木片ガラス球。あば。

水流の方向・速さを知るため、また、海水浴場プールなどで危険区域示したり場所を区切ったりするために水面に浮かべるもの。浮標ブイ

水泳用、救命用の浮き袋

出典:weblio辞書 https://www.weblio.jp/content/%E6%B5%AE%E5%AD%90

 

漁業はたくさんの工夫で成り立っているんですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA