漢字読み講座

【食べ物漢字】「慈姑」って何て読む?「じしゅうと」ではなくおせちでおなじみのアレ!

「慈姑

これ、何と読むかわかりますか?

 

とある食べ物の漢字なのですが…

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「慈姑」読み方のヒント!

 

「慈姑」は、とある野菜の名前です!

 

スーパーなどではなかなか見かけませんが、

関西を中心におせち料理に使われるため、

年末には見かけたことがあるかも?

 

さて、読めたでしょうか?

 

「慈姑」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「くわい

です!

 

「慈姑」は、

「中国原産のオモダカ科の水性野菜」のことです。

 

見た目は里芋のように丸く、芽が長く伸びているのが特徴です。

栽培されているのは、世界中で中国と日本のみなので、

世界的に見るとレアな野菜ですね。

 

ちなみにおせち料理に使われるのは、縁起物だからですよね。

慈姑がなぜ縁起物になったのかというと、

その芽が長く伸びている様子を「芽出たい」と縁起を担いだから!

ほかにも勢い良く芽が出るため、出世の象徴とも考えられています。

 

日本ではおせち料理のイメージが強いですが、

中華料理では一般的な食材。

シャキシャキとした食感は、炒め物やあんかけ料理にぴったりですよね。

 

知っている野菜なのに、漢字はなかなか知られていない「慈姑」。

しっかり覚えてスマートに読めるようになりましょう!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA