漢字読み講座

「語り種」「百舌鳥」「暖気」これらの読み方は?【難読漢字に挑戦!】

今回のお題は「語り種」「百舌鳥」「暖気」です。

どこかで見たような気もするけどなかなか難しい…

あなたには全て読むことができますか?

1問目はこの漢字から!「語り種」

「語り種」

「語り」はそのまま「語る(かたる)」と同じように「かたり」と読みます。問題は「種」の読み方。そのまま「たね」とは読みません。もちろん「かたりしゅ」でもありません。

さぁ、なんと読むのでしょう。

「語り種」読み方のヒントは?

ヒントは、時間が経っても広い範囲で語られる話題を表す言葉です。話し続けられる話題の種という意味でこの漢字が使われています。

類語は

「語り継がれる」

「伝承されている」

「伝説になった」

などが挙げられます。

また「種」を「草」と書く場合もあります。「草」と書いた時はそのまま読めばOKです。これは大ヒントですね!

「語り種の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「かたりぐさ」

です!

「彼の行動はいつまでもこの会社の語り種になっている」

「試合での大活躍はのちのちまで語り種となった」

のように使います。

広範囲で知られていても話題になってまだ日が浅かったり、すぐに忘れられてしまったりする時には「語り種」は使われません。年月が経っても、人々に語られている話題に対してのみ使われます。

「語り草」とも書きますが、これは「くさ」という音の当て字です。今では「草」と書くことの方が多くなっていますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

2問目はこの漢字!「百舌鳥」

「百舌鳥」の読み方をご存知でしょうか?

当然ですが「ひゃくしたどり」ではありません。

「鳥」とついていることから、鳥の種類のようですが…

さて、あなたにはわかりますか?

「百舌鳥」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇」の2文字です。
  • 身近に生息する、メジャーな鳥の種類です。
  • スズメより少し大きくて、丸い体つきをしています。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「百舌鳥」の読み方!正解は!?

正解は「もず」です。

3文字の漢字なのに、読み仮名は2文字!?と驚く人もいるかも知れませんね。

そもそもは「百舌(もず)」と2文字で表されていたのですが、それでは何のことか分かり辛いため「鳥」の1文字を追加して「百舌鳥(もず)」になったようです。

今でも「百舌(もず)」と表記することもあります。

また、「鵙(もず)」とも書きます。

丸っこくて可愛い姿の百舌鳥ですが、見かけによらず肉食だそうですよ。

他の鳥の鳴き真似をするのが上手いことから「百の舌を持つ」という意味で「百舌」という字が当てられました。

最後はこの漢字!「暖気」

「暖気」の読み方をごぞんじでしょうか?

今回は「だんき」以外を正解とします。

漢字の雰囲気からは、のんびりと温かい空気が伝わってくるようですが…

さて、あなたには読むことができますか?

「暖気」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  2. のんびりとした雰囲気や性格のことをいいます。
  3. 彼は暖気者に見えるけど、いざという時は頼りになるよ。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「暖気」の読み方!正解は!?

正解は「のんき」です!

一般には「呑気」や「暢気」と書くことが多いため、「暖気」と書くのは珍しいといえるでしょう。

「暖」を「のん」と読むのは唐音(中国の唐末から、宋・元・清の間に日本へ伝わった読み方)です。

似た読み方をする言葉としては「暖簾(のれん)」がありますね。

また、「呑気」や「暢気」という書き方は当て字になります。

「のんびり」という言葉の意味からすると、「暖気」の方がイメージしやすいかも知れません。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA