漢字読み講座

「彌猴桃」ってどんな桃?難しさMAXのこの漢字、フルーツの名前を表しています!

「桃」や「葡萄」、「柿」や「林檎」など、漢字で書き表すフルーツはたくさんあります。

ただ、「彌猴桃」なんてフルーツは見たことも聞いたことも無い珍しい品種なのかも!?

・・・いいえ、誰でも1度は食べたことのある人気のフルーツの名前です。

何と読むのか分かればスッキリしますよ!

「彌猴桃」の読み方のヒントは・・・?

それではヒントです!

  1. 原産国はニュージーランドと思われがちですが、実は中国
  2. 日本では、愛媛県が生産量ナンバーワン。
  3. 果肉の色は、緑色や黄色
  4. カタカナで〇〇〇の3文字です。

さあ、分かりましたか?

「彌猴桃」の読み方の答えは・・・

正解は、「キウイ」でした!

ヒントにもあった通り、キウイの原産国は中国です。

「彌猴桃」の「彌猴」は、「マカク」と呼ばれる中国のアカゲザルの名前です。

「彌猴(マカク)」がキウイを好んで食べたことから、「彌猴桃」という漢字になったのです。

中国で生まれたキウイですが、生育のための気候条件がより適していたニュージーランドで盛んに栽培されるようになります。

ニュージーランドでの呼び方は、国鳥でもある「キウィ」に姿が似ていることから「キウイ」とつけられたんですよ。

ビタミンCやビタミンE、食物繊維が豊富なキウイは、レモン以上のビタミンCが含まれているので、積極的に食べたいものですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA