漢字読み講座

「蜃」蜃気楼の「しん」以外の読み方は?

「蜃」を何と読みますか?

「蜃気楼」の「シン」ですね!

アニメ好きなら知ってるかもしれません。

「蜃」の読み方のヒントは?

1.「蜃」をひらがなにすると、なんと6文字です。

2.正解の6文字は「蜃(シン)」の別名、つまり同じものを指します。

3.『やや似た例は支那説に雉と蛇が交わりて蜃を生む。』南方熊楠「十二支考」より引用

正解は…

正解は「オオハマグリ」でした!

食べられるオオハマグリは「大蛤」と書きますが、こちらは食用貝ではなく巨大なハマグリの妖怪。

蜃気楼で相手をかく乱する技を持ち、アニメ「NARUTO -ナルト-」にも登場しました。

「蜃」は13画の漢字、音読みは「シン」「ジン」、訓読みは「おおはまぐり」「みづち」です。

妖怪「蜃」の由来

昔の中国と日本の伝説に、気を吐いて蜃気楼を作り出す竜がいました。竜の傍らには、巨大な「大蛤(オオハマグリ)」がいたとされています。

この竜は中国で「シン」、日本では「みづち」とも呼ばれました。

そしてなぜか、竜とオオハマグリが混合されて、巨大な「大蛤」は「蜃(シン)」と書いて「オオハマグリ」と呼ばれるようになったのだそう。

少々ややこしいですが、伝説上の生き物がいつの間にか変化・合体する説は多いようです。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA