漢字読み講座

「甃」の1文字で何と読むか分かりますか?難しいけど実は身近な物を表しています!

「甃」は、漢字検定1級レベルの難読漢字です。

普段見かけることもほぼ無いのではないでしょうか?

なぜなら「甃」は常用漢字ではなく、もっと簡単な別の漢字2文字で普段は表しているんです。

でも、「甃」が読めるようになったら漢字マスターに近づけますよ!

何と読むのか、さっそく見ていきましょう。

「甃」の読み方のヒントは・・・?

「甃」の漢字をよく見ると、上は「秋」で下は「瓦」ですね。

この「瓦」が大ヒントです!

スペインやパリなど、ヨーロッパの古い町並みを思い浮かべてください。

敷石が敷き詰められた「い〇だ〇み」が風情たっぷりですよね。

日本の神社でも、境内の「い〇だ〇み」を歩くと神聖な気持ちになります。

さあ、何と読むか分かりましたか?

 

「甃」の読み方の答えは・・・

正解は、「いしだたみ」でした!

現在は「石畳」と書く方が一般的ですよね。

ところで、「甃」と「砂利道」の違いはご存知ですか?

「甃」は平らな敷石を敷きつめた道や庭のこと。

「甃」がきれいに整備された石を敷き詰めた道である一方、「砂利道」はただ砂利が一面に敷かれた道のことです。

ジャリジャリと歩きにくいのが砂利道です。

また、石を敷き詰めた道や庭という意味の「甃(いしだたみ)」ですが、敷きつめられた石そのものを指す場合は「甃(しきがわら)」とも読むんですよ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA