漢字読み講座

「大店」だいてん、おおみせ、あなたは何と読みますか?

「大店」を何と読みますか?

とても簡単な漢字ですが、読むとなると難しい!

だいてん、おおみせではありません。

「大店」の読み方のヒントは?

1.「大店」をひらがなにすると4文字になります。

2.番頭さんと丁稚さんと旦那さん、というイメージです。

3.『貴族とか大店のお嬢さんのよめいり荷物は、』片山広子「よめいり荷物」より引用

4.日常会話では使う機会は、ほぼないでしょう。

正解は…

正解は「おおだな」でした!

店構えが大きく、多くの商品を扱うお店です。昔は「豪商」とも呼ばれていました。

日本では、平成12年6月1日から「大規模小売店舗立地法(大店立地法)」という法律が施行されています。

現在の大型小売店が、昔でいう「大店」にあたるんですね!

江戸時代の「大店」といえば

「大店」は大きな屋敷間口が多く、36間や15間の間口が江戸の通りに面していました。建物の中には、たくさんの丁稚奉公が住み込みで働いていたそうです。

江戸時代を代表する「大店」といえは、三大呉服店の「越後屋(のちの三越デパート)」・「大丸屋(のちの大丸デパート)」・「白木屋(のちに東急百貨店に買収される)」です。

大店の旦那衆は、お侍さんよりお金持ちだったんでしょうね!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA