漢字読み講座

「初冠」って何て読む?(はつかんむり)ではありません!

「初冠」って何て読むか分かりますか?

(はつかんむり)ではありません。

(しょかん)でもありません。

 

古文に詳しい人は知っているのではありませんか?

 

平安時代に生まれた、日本最古の歌物語である『伊勢物語』の第一段の題名です。

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「初冠」の読み方のヒントは?

 

「元服して初めて冠をかぶること」という意味です。

 

元服の年齢は11歳~17歳までの間に行われ、儀式は時代や身分などで変わります。

 

『伊勢物語』が作られた平安時代は、髪を結い冠をつけることが元服の儀式でした。

 

中世では、武家の世になりますので、冠ではなく烏帽子に変化します。

 

近世では、烏帽子も省略し、月代(さかやき)を剃るだけになりました。

 

何と読むか分かりましたか?

 

「初冠」の読み方、正解は……

正解は……

 

「ういこうぶり」

 

です!

 

「ういかがぶり」「ういかぶり」「ういかむり」

 

でも正解です!

 

『伊勢物語』の『初冠』は、昔ある男(在原業平)が奈良の都である春日の里に狩りに出かると、そこに若々しく美しい姉妹が住んでいる家を見つけます。

男は物陰から姉妹を密かに見つめていましたが、着ていた狩衣の裾を切って、和歌を書き二人に送りました、という内容です。

 

在原業平は情熱的な男性ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA