漢字読み講座

【今日の難読漢字】「束子」「家鴨」「慇懃」「著しい」「廃る」ってなんて読む?

今日の難解漢字は、

「束子」

「家鴨」

「慇懃」

「著しい」

「廃る」

です!

どれもなんとなく読めそうな漢字ばかりですが、

なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「束子」です!

「束子」

「花束」「書類の束」などで使う「束」という漢字と子供の「子」でなんと読むかわかりますか?もしかしたら「たばこ」と読んでしまった人がいるかもしれません。

束子」読み方のヒントは?

ヒントは、昔はどこの家にもあった汚れを落とす時に使う物の名前です。最近はもしかすると置いていないご家庭もあるかもしれません。

名前の前に「スチール」とか「アクリル」「亀の子」とつく場合があります。もうおわかりですね?

「束子」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「たわし」

です!

束子はもともと、藁(わら)やシュロ(ヤシ科の常緑高木)の毛を束ねてつくっていました。

束子の語源には諸説ありますが、束ねたものという意味で「たばし」と呼ばれていたものが、時代とともに変化して「たはし」となり、現在の「たわし」になったという説が有力です。

今でも方言で「たばし」と呼ぶ地域もありますが、むしろ昔ながらの呼び方といえるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

2つ目の漢字は「家鴨」です!

日常生活ではひらがな・カタカナで表記されることが多く、漢字になると読み方がわからない言葉って意外と多いですよね。
特に、動物の名前にはそんな言葉が多く、

「家鴨」

もそのひとつです。

そのまま「いえがも」と読んでしまったあなた!間違いですよ!

「家鴨」読み方のヒントは?

ヒントは、「家」「鴨」をそれぞれ分けて考えてみてください。

「鴨」という漢字を使っている通り、カモ科の鳥類です。
鳥類ですが空を飛ぶことはできず、不格好な姿で歩きます。

また「家」という漢字の通り、家で飼われていることが多いです。
「家」で飼われている「鴨」といえば…?

最後にとっておきのヒント!
「あ」から始まる、ひらがな3文字の言葉です。

もうわかりましたね?

「家鴨」の読み方、正解は…

正解は……

 

「あひる」

です!

野生のマガモを飼いならして家禽(かきん)としたことから「家鴨」と表記されるようになったのだとか。

普段ひらがなで書かれている漢字を、サッと読めたらかっこいいですよね!

3つ目の漢字は「慇懃」です!

この言葉は2文字だけだと普段あまり目にしないですが、4文字熟語はとても有名なものです。

 

でも、2文字だけの場合は誉め言葉になりますが、4文字熟語になると皮肉になる、相反する意味をもつ言葉でもあります。

 

「慇」も「懃」も漢字が難し過ぎて、読み方の糸口さえも見つかりませんが、ヒントを参考に頑張ってみてください!

 

「慇懃」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 「い〇〇ん」の4文字です。

ヒント➁ 「礼儀正しい」という意味があります。

ヒント③ 4文字熟語になると、逆に「無礼」な様子を表します。

 

「慇懃」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「いんぎん」です!

 

「慇懃」とは、「礼儀正しい」ことを表す漢字で、人に使う場合は誉め言葉になります。

 

その半面、「慇懃無礼」という4文字熟語は人に使うと悪口になるもので、「丁寧すぎるその態度が逆に失礼である」という意味になります。

 

どちらかというと、「慇懃無礼」の方がメジャーになりすぎて、「慇懃」だけで使うシチュエーションは少ないですが、正しい意味を知り、然るべきときに使えるようにしましょう!

4つ目の漢字は「著しい」です!

「著しい」

 

たびたび見かける言葉ですよね。

ですが実は読めない人も多いこの漢字。

 

あなたは正しく読めますか?

 

「著しい」読み方のヒント!

 

「著しい」に使われているこの漢字は、

「著作」「著者」などでも使われています。

 

また「著しい」の意味に近い熟語としては、

「顕著」という言葉があります。

 

「成長著しい」

「著しい改善」

などで使われていますよ。

 

さて、読めるでしょうか?

 

「著しい」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「いちじるしい」

です!

 

「著しい」は、

「はっきりわかるくらい明白な様子」

という意味を持ちます。

 

「成長著しい」は、

目に見えて成長していること。

 

「著しい改善」は、

改善した様子が誰の目にも明らかなことを意味します。

 

「顕著」も同じような意味なので、

こちらを使う方のが多いかもしれません。

 

ですが、ニュースや新聞などでもよく使われている言葉なので、

覚えておくと普段の生活でも役に立つこと間違いなし!

 

ビジネスでも

「部下の成長が著しい」「売上が著しく向上」

など、使う場面が多いですよ。

 

「著しい」は

他に同じ読み方の漢字がないので、

この漢字さえ一度覚えておけば、一生使える知識。

 

読めなかった方も、ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

5つ目の漢字は「廃る」です!

「廃る」と書いて、なんと読むか分かりますか?

廃棄(はいき)や廃墟(はいきょ)の「廃」ですが、(はいる)ではありません。

でも、イメージとしては合っていると思います。

そしてよく使われる言葉でもあります。

さて、「廃る」と書いてなんと読むでしょうか?

「廃る」読み方のヒントは?

「廃る」の意味は、物事が衰えてしまってダメになるという事です。

古くなってしまい、使い物にならないという意味でも使います。

一番よく聞くのは「流行り廃り」かも知れません!

他にも「男が廃る」「名が廃る」など、使う事は多いですね。

一時は流行りに乗って行列ができていたのに、ブームが去って暇そうになったお店の事を「廃れたお店」といいます。

なんとなくわかりましたでしょうか?

「廃る」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇る」です!

さあ、もうわかりましたか?

「廃る」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「すたる」

です!

 

時間と共に廃るのは抗いようがないのかも。

ぜひ、覚えておきましょう。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA