漢字読み講座

「物怪」「僕」「大店」3つの難読漢字、全部読めますか?

今回の漢字は…

「物怪」「僕」「大店」です!

書くのは簡単、読むのは?

1個目の漢字はこれ!「物怪」

最初の漢字は「物怪」です。

なにやら怪しげな言葉ですが…

「もののけ」以外の読み方を考えてみてください!

「物怪」の読み方のヒントは?

1.「物怪」をひらがなにすると「〇○〇」の3文字になります。

2.「物怪」の類語には、「事変」「変事」「もしものこと」などがあります。

3.『息子に恋慕している娘は、物怪の幸と思っている。』森鷗外「ヰタ・セクスアリス」より引用

正解は…

正解は「もっけ」でした!

「勿怪」と書いても正解です。

3つ目のヒント「物怪の幸(もっけのさいわい)」でピンときた人が多いかもしれません。

意味は、思いがけない・不思議なこと・けしからぬこと・不吉なことやその様子

つまり「物怪の幸い」とは、思いがけず幸が訪れることなんですね!

「物の怪」と「物怪」

日本のアニメでは「物怪(もっけ)」を「物の怪(もののけ)」として描く作品が数多くあります。

また、北海道や東北には「祟り物怪(たたりもっけ)」と呼ばれる妖怪が伝えられています。

「物怪」と方言

「もっけ」は方言として用いられます。
※「もつけ」ではなく「もっけ」と発音するケースのみ

山形県:気の毒だ・ありがとう・すまないね

青森県:子ども・カエル

島根県:気の毒な・困った・呆れた

鹿児島県:持って来い

2個目の漢字はこれ!「僕」

次はお馴染みの漢字「僕」の読み方です!

普通は「ぼく」と読みますが…

他にも意外な読み方があるんです。

「僕」の読み方のヒントは?

1.「僕」をひらがなにすると4文字になります。

2.純文学が好きな人は読めるかもしれません。

3.『大王、僕不憫と思召さば、わがために仇を返してたべ。』巌谷小波「こがね丸」より引用

正解は…

正解は「やつがれ」でした!

「僕(ぼく)」と同様に自称(一人称)です。

本来は自分をへりくだっていう男女共通の言葉でしたが、近代史以降はやや改まった場で用いる男性の言葉となりました。

似たようなニュアンスの一人称は他に、拙者(せっしゃ)・私め(わたくしめ)・下命(かめい)・当方(とうほう)・小生(しょうせい)・手前(てまえ)など。

反対のニュアンスの一人称には、俺様(おれさま)・吾輩(わがはい)・朕(ちん)などがあります。

日本語って一人称が多いですね!

「やつがれ」の由来

「僕」の音読みは「ボク」、訓読みは「やつがれ」「しもべ」。

「やつがれ」のルーツは「奴吾(やつこあれ)」だとされています。

「やっこさん、やりやがったな」のように人を卑しめていう「奴(やつこ)」と、自分自身を指す「吾(あれ)」が組み合わさった言葉です。

3個目の漢字はこれ!「大店」

「大店」を何と読みますか?

とても簡単な漢字ですが、読むとなると難しい!

だいてん、おおみせではありません。

「大店」の読み方のヒントは?

1.「大店」をひらがなにすると4文字になります。

2.番頭さんと丁稚さんと旦那さん、というイメージです。

3.『貴族とか大店のお嬢さんのよめいり荷物は、』片山広子「よめいり荷物」より引用

4.日常会話では使う機会は、ほぼないでしょう。

正解は…

正解は「おおだな」でした!

店構えが大きく、多くの商品を扱うお店です。昔は「豪商」とも呼ばれていました。

日本では、平成12年6月1日から「大規模小売店舗立地法(大店立地法)」という法律が施行されています。

現在の大型小売店が、昔でいう「大店」にあたるんですね!

江戸時代の「大店」といえば

「大店」は大きな屋敷間口が多く、36間や15間の間口が江戸の通りに面していました。建物の中には、たくさんの丁稚奉公が住み込みで働いていたそうです。

江戸時代を代表する「大店」といえは、三大呉服店の「越後屋(のちの三越デパート)」・「大丸屋(のちの大丸デパート)」・「白木屋(のちに東急百貨店に買収される)」です。

大店の旦那衆は、お侍さんよりお金持ちだったんでしょうね!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA